03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

それすらも、地球と言う惑星の学び② 

それすらも、地球と言う惑星の学び②


1_201412192220592ee.jpg




皆さま、いつも わたくしの拙い文章にお付き合い下さり

心より感謝致します(^v^)


さて、今日のお話は、昨夜の続き・・・になりますが、

よろしかったら 少し お付き合い下さいませ。


(こう言うの苦手、と言う方は、

 ここでリタイアして下さいね☆)


1_20150110212025fa1.jpg



さてさて、

昨夜、金銭を稼ぎださない【金融奴隷】は

経済モンスターたちにとっては、ただの【クズ奴隷】

・・・だと お話しましたが、


それは【金持ちA様】や【勝ち組】であったとしても

モンスター達にとっては 奴隷である事に 変わりは無いようです。


ただ、

貧乏B様が、金銭を少ししか流通させる事の出来ない

【クズ奴隷】であるのに対して

金持ちA様は、【金銭を多く世に流通させる、優秀な奴隷】です。


なぜならば 金銭を多く所有している者は、

より多く消費し、より高価な商品を惜しみなく買い求めます。

結果、その資金は また 経済モンスター達の元へ

貢物として 吸い寄せられて行くからです。



従って 金持ちA様は、経済モンスター達に

ちやほやと煽てられながら すっかり 意気揚々としていますが

実際は、ただの 優秀な【貢ぐ君】でしかない・・・と言う事実・・・。


3_20150110212023c2d.jpg



これは 以前 お話した事がありましたが、

経済モンスター達の生命線は【お金】です。

これ(お金)は、彼らにとっては、

血液のようなものだと捉えて下さい。


つまりは、この世界に 金銭が 常に潤沢に循環していてこそ

彼らは この物質世界で 活力を得る事が出来るのです。


言い換えるなら

<闇=悪>を 根底から改心させるためには、

この【資金】の流れを 遮断する事なのです。


闇に流れる資金を遮断する


さて、出来ますか?


たけみかづちの神



けれど この方法は、確実ではありますが、

まさに

【毒をもって 毒を制す】

・・・と言うやり方ですので、

免疫が出来ていない方

(或いは、毒に対する抵抗力が出来ていない方)にとっては

自らを著しく 損ねる事になります。



*お金さえあれば この世は何でも思いのまま~

  ・・・と思いこんでいる方々にとっては

  急にお金の価値が無くなったとしたなら 

  それはもう パニックに陥ってしまうでしょうから、

  それゆえ、金銭に左右されない生活を 世の激変に先駆けて

  気付いた者から 一抜けして その用意をしておいて下さい!

  ・・・と、事あるごとに お伝えしているのは、その為なのです。


須佐①



さて、そこで・・・です。


その覚悟が有るか 否か・・・と言う所で

それもまた 究極の二極化となって行くのでしょうが、



神が仰っているのは、

【悪を改心させる】為の方法なのです。

それは 今までのやり方を 根底から変えて行く事なので

それに 順応出来ない者は、大いなる秤(二極化)にかけられる

・・・と言う事になって来るのです。


@2_2014122121010140d.jpg





さて、お話は 昨夜の内容に戻りますが・・・


或る時代から 人に 高等教育を課す事が

ほぼ 義務付けられ

それによって 親にかかる金銭的な負担(教育費)が

莫大になって行きました。



もはや 子供を授かる事は ただの喜びでは無く

一生涯を 金融奴隷として使役される クサビを

人々は自らに、しかも自らの意志で、

それが あたかも 人の幸せででもあるかのように洗脳され

手枷足枷を自らに嵌めてしまったのです。


1_20141221210254a65.jpg




人の教育が 義務教育で済んでいた時代ならば

15歳で 子供が一人立ちします。

その年齢ならば、親は、だいたい 30代後半とか

40代くらいですね。


人はまだまだ元氣です。

元氣だから、 子育てから解放された親(人)は

余生を 孫の誕生を楽しみにしながら

自らの第二の人生を 楽しむゆとりがあるのです。


女王・日巫女②




教育費のねん出の為に 血眼になって

年老いた肉体を酷使して 働きに出る必要もありません。


基本的に 人の教育が 義務教育で終了していれば

・・・の話です。


2_2014121922210186f.jpg



そう。

氣付きませんか?


高等教育を万人に課したのは、

すべて 経済モンスター達の策略からでした。



彼らは、人々に 人生を謳歌する【ゆとり】すら与えず

生まれたばかりの愛らしい我が子を 

ゆっくりと抱きしめる安らぎすら奪って

ひたすら 金融奴隷として一生涯を使役し続ける為に

高等教育を 人々に課し、

先祖伝来の土地や田畑を コツコツと守り続ける

正直で無垢な農民たちを 無理やり田畑から引きはがし

企業と言う組織に無理やり押し込み

この大地を疲弊させ 親子の情愛すら断ち切らせ

ただ ひたすら 金融奴隷として 一生涯 使役し続ける為だけに

人々を洗脳し続けて来たのです。


弁財天①




高等教育を子供に施すと言う事は

親は相当な覚悟で その資金をねん出せねばなりません。

その為に 親は、本来なら 

すでに 一人立ち出来る年齢の子供の為に

年老いた體にむち打って

(子供の為だから・・・子供の為に・・・)

・・・と それこそ よれよれになりながら働き続けるのです。



そこまでして 一生懸命 頑張って働き続けて

結果は・・・?



親子の断絶です。



すべては 経済モンスター達の思惑通りなのです。


2_20150125002218c31.jpg




氣付いてほしい・・・。

思いだしてほしい・・・。




人は本来 ただ 生きているだけで それだけで

幸せだった頃の記憶を・・・。




今日一日 家族で食べて行けるだけの食糧が

手に入れば それで 良かった事を・・・。




必要なものは、何でも 自分で作って、

大切なものは、家族みんなで分け合って

喜びも悲しみも いつも家族で分かち合って

慰め合い 助け合いながら

何も無くても ただ 子供が居て


毎日 子供や家族と過ごせる事が幸せだった日の事を・・・。









煎り豆に 花の咲く日が 

もう 目の前まで 来ています








☆感謝☆





神柱・正









関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/05 Thu. 22:17 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form