03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

まずは【調味料】から・・・☆ 

まずは【調味料】から・・・☆

************************************

この国の民が 自ら立ち上がる為に
まずは【食】を
【古来からの食文化に戻す事】


************************************


これも 大きな要素です。
調味料、すべて 食べ物の味覚の基本です。

この食の基本である【旨味成分】
偽物の<化学調味料>にとって替わられた頃から
人々の味覚は急激に変化し(麻痺させられ)
インスタント食品や添加物まみれの食品を
なんの抵抗も無く 口にするようになっって行ったのです。

化学調味料が 脳神経に有害に作用する、と言う事は
すでに 幾つかのネット情報で 周知の方もいらっしゃる事と思いますが、
偽物の味覚を ありとあらゆる食品に混入させられ
半ば強制的に摂取させられているので
それを 脳や胃袋が 異物とみなさなくなり
【毒を喰らう胃袋】状態と成り果てているのが現状です。


あなたが 本氣で 
今の状態を変えようと願うのであれば
まずは、家の中にある
ありとあらゆる化学調味料を締め出す事からです


日本古来の旨味調味料は、

4_20150307202755942.jpg

昆布かつお出しイワシの煮干しなどです。
この天然の旨味成分が 食の味覚の代表的なものでした。


わたくしは、プロのように本格的な出しを煮出す事はしませんが
以下のような 粉末の天然出しを 地元の卸売団地で購入しています。

3_20150307202810681.jpg

別に 何の業者の回し者ではありませんが、
一応 参考までに 明記しておきますと

左側のイワシの微細粉末出し、は
愛媛県伊予市にあるベストプラネット(株)と言う所の製品で
220グラム入りで だいたい300円強ほどのお値段です。

右側のカツオの粉末出しは、静岡県の沼津市にある
(有)マキシマ販売KMH と言う所の製品で
500グラム入りが だいたい700円強、くらいのお値段ですね。

粉末のまま お味噌汁や煮物など ありとあらゆるお料理に入れて
そのまま 粉末ごと頂いています♪


名称未設定 1のコピー


そして、昆布だし、は
いつでも使えるように 1~2日くらいで 使いきれる分量の湧水に浸して
お料理の割りしたに使ったり お吸い物にしたり

残った【昆布】は、煮昆布にしたり いろいろ 最後まで
美味しく使い切る事が出来る優れものです。


この国には、これほどに 豊かな旨味調味料が
昔から伝わっているのに、
何故 わざわざ 偽物の調味料を使うのでしょう?



偽物の味に馴らされた<舌>は もはや麻痺させられており
強い味付けで 本来の味をごまかしているような食品さえ
美味しいと感じ、何の違和感も無く
平氣で 胃袋に流し込んでしまうのです。


この国の人々に覚醒を促す為には、
まずは 胃袋を正常な状態に戻して行かねばなりません。


それには、氣付いた人から
御自分の家庭、職場の給食室、
自分の経営するレストラン、飲食店から
勇氣を持って 化学調味料を
追放する決断をなさって下さい。



そして、
この国 古来から 長きに亘って
伝承され続けている
【本物の天然調味料】
復活させて下さい。




調味料が変わると 味覚が 変わります。
本物の調味料を使い始めると
舌が本来の味覚を認識し始めるので
インスタントものや偽物の味付けは
寄せ付けなくなるのです。



次の世界を創る子供達を護る為には
インスタントものや カップラーメン
そのたもろもろ あげればきりがありませんが
それらを 食べさせてはならないのです。


けれど いくら 食べるな、と言っても食べてしまうのは
日常の食品に すでに 化学調味料と言う
味覚を麻痺させる神経毒が普通に使われているからなのです。


(言葉が辛辣で申し訳ありませんが・・・
 それほど 状況が ひっ迫して来ている、と言う事もあります)

ですから
家族や子供達 そして あなたの周りの人々を
肉体を弱体化させ 霊性を劣化させる食品の害から護る為には
まず 一番の手始めに 
化学調味料を 日常の食品の中から 完全に締め出し 
日本古来からの天然調味料を使う事から始める事が
最小にして最大の効果を得られる一番の方法なのです



これを 実行し始めますと
まず 五感が鋭敏になって参ります。




もともと この国の民に 肉食を強い
先祖伝来の食文化を 意図的に 欧米化させて来たのは
この国の民を劣化させ
今後 決して 諸外国に対抗出来ないように、と
執拗に張り巡らされて来た黒い謀略の一環だったのです。


この 陰湿な謀略の鎖を断ち切り
自ら立ち上がる為には、
まずは 食の大きな転換を計る所から始めねばなりません。


さて、それは まずは 一家の食を与る女性達の手腕と
心意気にかかっています。


出来ますか?

また 食の現場で 調理に携わっている皆さま
まずは あなたの職場で
化学調味料を使わない 昔ながらの旨味成分で
料理を提供する試みを 是非 勇氣を持って
実行なさってみて下さい。


 
参考の為に 最近 とても 勉強になっている
和食の料理本を ご紹介しておきます。


9_20150307210945a7b.jpg


これには、料理の基本が【水】である事
美味しい料理を創る為には、
まず 美味しい【水】を探さなければならない事を
きちんと説明して下さっています。


19.jpg


ドレッシングなどの様に 油を使わない 日本古来からの
あえ物たれの紹介など ずいぶん参考になる内容が満載です


15_20150307211408073.jpg



酢を使った たれが これほど美味しいのは、眼から鱗状態でした。

16_20150307211411313.jpg


贅沢はしなくていいから
食品の素材だけは 善いものを使って下さい。

食品だけは、バーゲン品の安物には手を出さない事です。

安物の粗悪な素材を使った食品は
人の肉体を痛め、波動を下げ
霊性を著しく損ないます。



いつもながらの長文に
最後までお付き合い頂けました事
心より感謝致します☆(^-^)☆






















関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/07 Sat. 21:27 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 2

07

コメント

 

化学調味料に慣れきってしまっている今、
食を考えることは大事ですよね。
私も、引っ越した先では、鰹節を炒って粉末にし、
昆布も粉末にして全て使おうと思っていました。
今は、仕事を辞めてしまいましたが、学校給食の
仕事をしていました。
大量の昆布と鰹節からだしを摂った味噌汁や
麺類のつゆ。
市販を一切使わないドレッシングやあえ物のたれ。
安心安全、添加物や化学調味料を使用しないで
作っている給食は美味しくないと不評です。
特に保護者の方からは不評の声も多いです。
飽食の私達には、物足りなく感じる味なんですよね・・・
ブログで教えていただいた本を私も購入しようと思います。
食の大切さは、家庭からですよね^^
先ずは出来る所からやっていこうと思います。
教えていただいて感謝です。

URL | こぜにもちこ #- | 2015/03/08 21:42 | edit

 

コメントをありがとうございます。
化学調味料を使わないで作っている給食に
文句を言うのですから
どれほど 今の状況が危機的状況かが
伺われます。

親からこれなのですから
子供達がよくなりようがありません。

それでも この状況から 立ち上がる事が
今を生きるわたくし達の使命です。

これが出来ねば 天賦の使命を全う出来ない、との
神のご判断となるのです。

草の根的な活動を
諦めずにコツコツと実行して行かねばなりません。

戦後70年もかけて
執拗な洗脳を受け続けて来た民が
目覚める為には どれほどの忍耐と根氣が必要か
改めて思い知る、と言う状況ですが・・・

それでも わたくしは 声を上げ続けようと思っています。

断じて行えば鬼神もこれを退く・・・です。

民の心意気と覚悟が試されているのだと思います。

氣付く事の出来た者から
必要な人々に伝えて行くのです。

それは 心の片隅に 小さなともしびを灯す様な作業ですが
継続は力なり、と申しますように
決して 諦めない、必ず やり遂げる

その信念を 貫き通す事こそが
今を変革する為の大きな原動力になるのだろうと思います。

URL | TAKAO KIYOMI #- | 2015/03/08 22:05 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form