06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆瑞穂の国の再生と復活を☆ 


☆瑞穂の国の再生と復活を☆



正式なご神縁に繋がっているSさんから
利根川上流の水源の調査報告を頂きました。

@画像は、Sさんから お借りしました☆
1_20150309201626667.jpg


Sさんは ここ数カ月 、龍神様の御意向をキャッチして
龍脈開きと水源の復活のご用をなさっています。

すでに 全国のご神縁さま2名に 
その方がたが 来るべき日まで 御守りする水源を開き
託して来た旨、報告を頂いておりました。


こちらの利根川上流域のイメージが降りたのは 先日の事だったそうですが、
実際 現地に行ってみて その大きな課題を見せつけられた、と
残念そうに話しておりました。

今日は 是非とも 心ある皆さま方に
これからの為に 何が【真のご神業】なのか
再認識して頂きたくて 
このメッセージをしたためさせて頂いております。



o0800060013238487357.jpg



上記の画像は、上毛高原駅の
比較的近くを流れている利根川で
源流に近いエリアのようです。



o0800060013238487739.jpg





南魚沼、とあり、距離はありますが、
山を越えたら新潟県。


けれど 彼女が地図を確認すると・・・


利根川は 
新潟県から始まっている源流は 無いようで、

利根川は、関東に始まり
関東で終わる(海に流れ出す)。


利根川は
100%、関東の川なのですね。


↑ ここ大事なところ☆


鹿島神宮さま迄 流れているのだそうです。


(よく ここまで調べたわね・・・と関心する事しきりでしたが、
 やはり それは御役目なのでしょうね

 その能力に特化している方は
 おのずと 必要な知識は入って来るようです)


2_2015030920162780c.jpg


そして、その上流で 彼女の胸を痛めたのは
その散乱するゴミだったのだそうです。

いくら 下流で 河川を大切にしましょう☆

・・・と声高に叫んでも
上流がこれでは・・・


その日 彼女は、大きな 大きな課題を突き付けられて
わたくしに その報告をしてくれました。


いえ、そんな彼女も 神社に詣でれば
ちゃんとゴミ拾いをしたり 周囲を清浄にする活動を
率先して行っている女性です

彼女が行っているゴミ拾いの画像です 
o0800060013238030556.jpg


ただ、流石に たった一人で出掛けた女性が
この高さから 河川に降りて ゴミを拾う事は
なかなか 出来なかったのだろうと思います。


けれど その代わり
この辺り一帯のゴミを拾って
両手にいっぱいのごみ袋を抱えながら
清掃して歩いて来たそうです(^-^)/

(後から御報告頂きました♡)


2_2015030920162780c.jpg


ご神業とは、決して 特別な事ではありません。
誰でもが その氣にさえなれば
いつでも どこでも 出来る事なのです。

利根川 上流域にお住まいの皆さま
また その近辺にお住まいの心ある方々

是非 この河川を大切に御守り下さいませ。

水は、人々の命の糧、そのものです。

来るべき日には、この水源が 多くの人々の
生命の源となる事でしょうから・・・。




この国は 神の肉体と言われており
河川は、その神の肉宮の血脈です。

その血脈に 人々が不浄なゴミを投げ入れれば
それは 自らを汚し 痛めつけるのと同じ事なのです。

国土が荒れれば 人の心も荒廃します。

それは、いくら金銀があったとしても
決して 埋める事の出来ない 心の空洞となって
いくら貪っても 貪っても
決して 満たされる事の無い
永遠の渇望の中に 身を投じる事に等しいのです。


o0800060013239981785.jpg


【農は国の大本なり】


食を自ら生産する事の なんと尊く
素晴らしい事か

この国土を再生 復活させる為のキーワードの一つが
農業の再生と復活です。


経済モンスター達によって
無理やり 田畑から 引きはがされた農民たちが
また この美しい大地の再生と復活の為に
立ち上がる姿こそが


豊蘆原瑞穂中津国(とよあしはらのみずほのなかつくに)
の再生と復活の時なのです。






☆感謝☆














関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/09 Mon. 21:01 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: --    CM: 0

09

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form