05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

新たな価値観の世界へ⑤ 

【新たな価値観の世界へ⑤】


【猿田彦神】
1_201502131500293be.jpg



大いなる変革は 
この国から 始まります。

そして、もっとも熾烈、かつ 苛酷を極めます。

それが 世界のひな型である
神国の宿命です。


日出ずる国が
闇に覆われようとする時
これ
ピンチと見えしが チャンス成り



この時にこそ
世界に先駆ける新技術を世に出す時
・・・なのです。


@ユーチューブなどで すでに何人もの方が
 独自の啓蒙活動をなさっておられます☆
 (わたくしも 食事しながら よく視聴させて頂いております♪)
  テレビ代わりにね(^人ー)☆

 わたくしは 神絵画家と言う独自の観点から
 この世の変容をご紹介しようと思っております。
 納得出来る方のみで構わないと思っております☆
 (^-^)

【建御雷神】
たけみかづちの神





闇は、自ら この国を絞めつけにかかった以上
(鎖国や輸出入の禁輸処置などなど)
口出し出来ぬ状態となります。

その時にこそ
ハイドロメタン、フリーエネルギーなどなど
新時代への革新的な新技術を
世に出す好機です。

(STAP細胞も この時に出して下さい)

【麻】を解禁するのも この時です。

@豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)とは
 麻が国土一面に生い茂っている様を形容した言葉なのです。


これを見事やり遂げた時・・・
(それが 世界のスタンダードとなって行きます)

闇は地団駄踏んで悔しがるでしょうが、
それは同時に 闇にどっぷりと浸かっていたモノ達にとっては
断末魔の苦しみを伴います。

ここが正念場です。

そして、光へ歩を進めるか
闇に堕ちて行くかは
ここが分かれ目となって行くのです。


【荒吐神】





気付いて下さい。
この国は、もともと この国 一国だけで
ちゃんと存在出来得ている国です。

一国だけでは 存在出来ない、
と思いこまされていたのは
洗脳でしかありません。



そして、世界で唯一
一国だけで 文化を進化させ 
発展させる事の出来る国なのです。


エネルギーは もともと 無尽蔵に存在している物です。
それを 一部の人間だけが勝手に独占し
暴利を貪っていた時代は終焉するのです。

収奪社会の終焉です。


<闇>の血脈である<金融>も
すでに 世界規模で 破綻の鐘が鳴り響いています。

これは 物質世界を終わらせる、と言う
大いなる意志の顕現でもあります。

、などと申しますと 
 まだ 違和感を感じる御仁もいらっしゃるでしょうから
 敢えて 大いなる意志、とでも申しておきましょうか・・。




【咲耶】(木花咲耶姫)



先日来 政党政治の終焉を お話させて頂いておりますが、
それは 占領下で作られた政治体系である以上
この国の変容と共に
変わらざるを得ない状況になるのは
必至の事なのです。

その政党政治の終焉の舵取りをする政党は
おそらく○○党になるでしょう。

なぜならば この政党の行く末を神にお伺いした時に
【危機に臨む責任者】の象が降りて来ているからです。

いよいよとなった時 外圧によって
この国へは 
相当 苛酷な無理難題が突き付けられるでしょうが
決して 挑発に 乗ってはなりません。

今回は 先の大戦の愚を犯してはならないのです。

【海絶たれる】との啓示は
輸出入の遮断、寸断を暗示しています。

(要は嫌がらせです。根氣比べになるでしょう。)


とは言え、この国に 資源が無い、と思いこんでいるのは
ちょっと 早計です。


海洋国家である この国には
海水に含まれている成分の中に
実は 無尽蔵の資源が
溶け込んでいる事を 再認識する時が来るのです。

何もかも 今までのやり方を
根底から変えて行く
いえ、変えて行かねばならない状況になりますから

この変容を あらがわず
ただ そのまま受け入れて
世の様変わりに そのまま 融合して行って下さい。


この国
闇に覆われようとする時
これ
ピンチと見えしが
チャンス成り



☆感謝☆


【宇宙根元神Ⅰ・Ⅱ】
宇宙の根元神・陰陽①
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/22 Sun. 20:32 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

22

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form