09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【頂いたメッセージから④】 

【頂いたメッセージから④】



2015_0411_101244-IMG_0263のコピー



今日の記事は、先日 3/30(月)に
ご紹介した記事のその後のお話です
(^-^)

みなさんが それぞれに頑張っていらっしゃる様子を
ご紹介させて頂いた後 
そのお二人から 
ご丁寧なメッセージを頂戴致しました。


<ありがとうございます。
<嬉しさと恥ずかしさで、言葉がみつかりません。
<本当のことを言うと、昨晩は・・
<「先生によぶんな事をメールしてしまったのかも」
<・・・と・・眠れませんでした。

<これからも 頑張ります。

<自らを信じて・・・。

<感謝



お返事を ありがとうございます(^▽^)
『余分な事』・・だなんて、とんてもない!

とっても素敵な御報告
どれほど嬉しかったか知れません(@^-^@)

他の方々にも なにかしらの
良い影響の輪を 広げる事が
出来たのではないでしょうか・・・?

わたくしは そんな風に思えてなりません。


そして、
それから また しばらしくして この方は
このような嬉しいメッセージを
画像付きで 再度 送って来て下さいました♡



<先日 先生の投稿の「何でも 手作り」を拝読し
<ピンッ!!
<早速「塵取り 」を手作りしちゃいました! 
<今朝の神社のお掃除!すごくはかどりました 
 


11139531_701860359925238_807139352_n.jpg


素晴らしい御報告
たいへん嬉しく拝見致しました。

素敵な塵取りが出来たのですね♪~
(^人^)♡

なんて 素晴らしい事でしょう♡

神様方が どれほど喜ばれているか
神々の頬笑みが 目に浮かぶようです♡
素晴らしい御神業をなさっておられますね☆

これからも どうぞ 御自分を信じて
真っ直ぐに光の道を
歩まれて下さいませ☆



2015_0411_101130-IMG_0261のコピー



そして、こちらは ☟
 同日(3/30)に 上の方と一緒に
ご紹介させて頂いた
もうお一方からの
とっても素敵なお返事メッセです♡





<もうお1人の方
<素晴らしいお心ですね
<勉強させて頂きました ありがとうございます
<今日も 神社のお掃除行ってまいりました
<静かな時間を頂き 
<帰りはしあわせな気持ちになります
<1つ1つ落ち葉などを拾わさせて頂きますと 
<心の負を剥がしている
<そんな気持ちになります
<小さくてもそれなりの広さが有る境内です
<ボチボチとさせて頂きます
<不法投棄のゴミ拾い
<3日かかりましたが それ以後 ゴミが捨てておらず 
<良かったなぁと思います
<綺麗が1番ですね
<ありがとうございました。



こちらこそです(^-^)
ありがとうございました

素敵な素敵な御報告に
心がほっこりです



毎回 お話しさせて頂いておりますが、
御神業とは
決して 特別な事ではありません。

わたくしも 同じように
その一番最初は、家の周りのゴミ拾いから
始めたのです。

何も求めず、何も期待せず、
ただ 自分が そうしたいから・・・
何かしたかったから・・・

(実は それを行うわたくしを見て
 『みっともない!』・・・と言った 
 心無い言葉をかけた方は居ました。
 でも、スル―しました(^-^)
 人の目なんて 関係ない!・・・と思いました。
 幸せになるのも 幸せを創るのも
 すべて 自分自身です。
 人が幸せを持って来てくれるのでは無く
 幸せは 自ら苦労して 創り上げるものです。
 そう信じて 歩を進めて参りました。
 そして、現在の崇尾が御座います。)


その時の自分に出来る事で
精一杯の氣持ちを
行動で現したかっただけ・・・

ただ それだけです。

その心の奥底からの真心が
人の魂を揺り動かし
その人を いつしか
光の人へと 変えて行くのです。

光の人になりたくて 
ゴミ拾いを始めたのではありません。

ただ 何か 自分に出来る事で
この世の為になる事があれば
たとえ どれほど小さな ささやかな事でも
それをしたかった・・・

その自然発露的な氣持ちでの行動でした。

それが いつしか
自らの魂を光らせ
氣付いたら
神々に 少しだけ 
目をかけて頂ける人に
なっていた・・・のかも知れません。


みなさん いきなり大きな手柄を立てようと
焦る方が たいへん多いです。

けれど 大きな手柄とは
小さな手柄(善行)を
長い時間をかけて コツコツと
積み重ねて行った先に
初めて やり遂げるられる事で、

わたくしが 現在
神絵を描かせて頂けるようになるまでには
相当 氣の遠くなる様な
長い 下積み期間を経て
やっと 描かせて頂けるようになったものなのです。


神は、最初 小さな課題を与えます。

それをやり遂げられたら
また 次の 少し負荷のかかった課題を与えます。

それも 何とかやり遂げられたら
また 次の 更に 負荷が増した課題を与えます。

それを繰り返しながら
ご用に使う人間に
壁を乗り越える心構えを会得させ
その覚悟の程を見届けるるのです。

そうして

【この人物は使えそうだな】
・・・とお認めになったなら

そのお役目をやり遂げるに適した神が
裏面からの ご守護について 
神と人との神人合一の
お働きが開始されるのです。


そして、お役目を遂行するのは
基本的に一人です。




【一人で出来ぬもの御神業に非ず】

・・・です。



とは言え、
肉眼で見えているのは 人間一人でも
実際 その方には
複数体の 御加護が付随しますので、

そう言うのが 見えてしまう方から見れば
まことに 見もの!
・・・と言う状態なのでしょう(^人ー)☆


☆感謝☆



2015_0411_100952-IMG_0256のコピー
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/11 Sat. 23:11 [edit]

category: 頂戴したメッセージ

TB: --    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form