09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【裏の顔と表の顔】 

【裏の顔と表の顔】



先日 ふ・・と、この様な話を
或る方に する機会が御座いまして

その時、自然と言葉が出て来るままに
お話ししていた内容です。

後から 思い返していたら
また、ふ・・と
これも 大切な氣付き・・学びの一つ

・・・だと 氣付いて
ご紹介させて頂く事にしました。



1_201506302143148dc.jpg



***********************


【裏の顔と表の顔】




人には 裏の顔と表の顔がある

そして、ほとんどの者が その
裏の顔と表の顔を使い分けて生きている

神目線と違って 人は 
表面的なものだけで他人を見、
そして 判断している

その人物の ほんのうわべだけを見て
『善い人』だとか 『悪い人』だと 判断する

神目線で 人を見た時、


(本人が 意識するしないに関らず)
誰かを助ける為に 自らを落とし
敢えて 泥にまみれる人生を選択した者を
愚か者だと 神は みなさない

例え 世間が どれほど批判をしようが
白い眼で見ようが

その御霊は 誰よりも美しく輝いている事を
神は 暖かな慈愛のまなざしをもって見届けている

けれど 反対に

自分の体裁を保つ為に
他の誰かを 貶しめて
表面的には 善人を装って
人を踏み台にして
平然としているものをこそ

神は 軽蔑し 
そう言うものをこそ
愚か者、と 神は呼ぶのである

ほとんどの者には、
裏の顔と表の顔があり

大概の者は その表の顔だけで
世間の人間と関り 生活している

では 果たして
その裏の顔を晒した時
自らは 世間に批判されぬだけの
生き様が出来ているであろうか

裏の顔でも
世間と関る事が出来るであろうか

神が認める者とは
裏も表も無い者の事で、

例え 不器用な生き方だと
当の本人は 嘆いていようが

その生き方を 神は
頬笑みをもって
見守って下さっているのである

また そう言う者にこそ
神の綱は かかるのである



***********************



この お言葉が浮かんだ時
【泥の中から美しき花を咲かせる蓮の花】
・・・のイメージが降りて参りました。


***********************



たけみかづちの神


この秋から始まる 後期巡回展では
今まで ブログなどで発信して来た内容を
再度 詰めて 噛み砕いて 
お話しさせて頂こうと思っております。

これもまた 先日


【今まで お伝えしていた内容を
 もう一度 しっかりと人々に伝えておきなさい

 読んでいるようでも 忘れていたり
 読み落としている内容もあるだろうから】




(読んでいるようで、案外 読み落としているんだよ)
・・・って 仰っておられました。(神様が^-^)



・・・その様に 波動で響いて参りましたので

【金融奴隷と経済モンスター】のお話しや
【中央集権国家の行く末】のお話し
【出雲復活】
【正式なご神縁さまとは】など
大切だと思える内容の幾つかを
再度 詳細なご説明を入れて
お話しさせて頂く為に

現在 創作や様々な雑務をこなしながら
その準備も進めている所です。

この 10月になりましたら
後期全国巡回展がスタートします。

いつも 誠にありがとう存じます。



☆感謝を込めて☆



2_20150626073514825.jpg



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/05 Sun. 06:50 [edit]

category: 神様のお話し

TB: --    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form