10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆光であり続ける為に☆ 

☆光であり続ける為に☆



◆◇◆◇◆◇◆◇【おしらせ】◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【石川・加賀】10/9(金)から始まります

会場:加賀市美術館
   石川県加賀市作見町リ1番地4
   (JR加賀温泉駅前)
   ☎0761-72-8787

会期:H27年10月9日(金)~10月11日(日)
   10/10・11の二日間のみ
   会場にタカオが居ります。

     (10日=AM10:30~PM5:00
       最終日の11日は、4時迄)

《アクセス》 
北陸本線 JR加賀温泉駅 徒歩2分(150m)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




【宗像三女神】
1_201510010745041ff.jpg





☆光であり続ける為に☆




以前、と或る場所で 或る写真を見せられました。

それは、とても 驚くべき画像で
一見 ともとも観える
誠に 凄い!
・・・としか言いようの無い画像でした。


ただ、凄い事は凄いのですが、
何となく、ちょっと 不思議な画像だったので


わたくしは、撮影された方の名前だけ伺って
家に戻ってから その方のHPを閲覧してみたのです。


(HPには 案外 その方の人柄が
 滲み出るものなのです)



【覚醒の女神Ⅰ】
3_201509251837444b1.jpg



すると、なんとなく、暗い感じ・・・
様々な光は 写り込んではいるのですが
(何故 こんなに暗い感じがするのだろう?)


正直、そう思いました。



【覚醒の女神Ⅱ】
1_2015092518374351f.jpg



ですので、神様に 撮影された方の状態を
お伺いしてみました。


結果は、やはり!・・・と言うものでした。

正神との感応は されていない方で、
運氣もよろしくありません。


たぶん、その方の 何らかの心の隙を狙って
<邪>に 入り込まれてしまったのでしょう。


写真集も販売している、との事でしたので
正直な話し・・・


(恐ろしい・・・!!)
・・・と、思いました。


そのような写真を手元に置いておいたら
たぶん 生体エネルギーを吹い取られるか
または 邪の入れ物にされてしまうでしょうから・・・。




【女王・日巫女】
女王・日巫女



でも、本人は
『これは 神の御姿だ!』
・・・と 信じ込んでいるのだと思います。

神は神でも 頭に<邪>の付く神が
今 この世には 結構 たくさん
徘徊しているようです。



(邪は邪でも 神と同等の力を持っている物とて
 結構いますからね・・・)



【建御雷神】
たけみかづちの神



それらを 寄せ付けてしまうも
しまわないも 本人の心掛け次第
・・・と、言わねばなりません。


ですが、どなたの写真か、とか
どこで 見せられた写真か などは
このネット上では 公表出来ません。


そう言った詳細に関しましては
わたくしは 展示会場でしか 
お話ししていないのです。


氣になる方は
タカオの展示会場にいらっしゃって
実際 問うて下さいませ。

展示会場なら 包み隠さず
すべて お話し致しますので(^v-)☆




【経津主神】
1_201509251823139cd.jpg




この様に ネットをしておりますと
実に様々な 日本全国の方々と
案外 気軽にメッセのやり取りが
出来たりします。


或る意味 有難いご時世になりましたよね。
(悪いものも 同時に増えましたけど・・・汗)



【建御名方神】
@1_20150925004112f3e.jpg





世間一般で 霊能者とか 能力者とか
言われる方々で
病氣に罹ったり 体調のすぐれない方が多いのは


それが ほとんどの場合
当の本人が 意識する しないの領域を越えて


闇や邪との感応もしてしまっているから
・・・と言えるのではないかと思っています。




【吉備津大御神】
吉備津大御神




実際 ネットを観ていても
大々的に ネット上で 過去生やら
有名人の前世を公開していた方が


ある時から 吐血したり
入院生活を余儀なくされたり
半死半生の状態で
病室から ブログ更新を続けている方など
実際にいらしゃいます。




【弁財天】(八臂弁財天)
@1_201509250039426a6.jpg



正神との感応で
病氣になる、と言う事はあり得ない事です。


ですから いくら 何かを見通す目を
持っていたとしても
事故や病氣、なんらかのアクシデントに
見まわれる能力者は


その霊的な背後には
<邪>がへばりついてしまっている、と
そう判断されたらいいのではないか、と


そう わたくしは思っています。



【猿田彦神】
@@1_20150925182311be2.jpg



ですから 常日頃から
<邪>を寄せ付けない質素で清浄な
規則正しい生活を粛々と行う事が
いかに大切な事であるか


わたくしは 決して 派手な事も
多くのスタッフも遣う事無く
いまだに 一人で 展示会の搬入をして
搬出も行っているのは

(最近では 時々 ご神縁の受け付けさんが
 搬出作業を手伝って下さったりするので
 誠に有難く心から感謝している所です♡)



【国常立尊】
1_20150925181656849.jpg



最後の最後まで
【光】と繋がり続ける為の それは 
必要不可欠な生活態度なのだ、と
そう確信しているからなのです。




【大山祇神】
5_20150925181658fbe.jpg



自らを救えない者に
他を救う事など出来ません。


いざと言う時
正しい導きの下に
お導きすべき方々を
お導き出来る自分自身であり続ける為の
それは 決して譲る事の出来ない
タカオの生き方でもあるのです。



☆感謝☆




【久那斗神】
6_20150925181706094.jpg


【伊豆山神社にて・静岡、熱海】
2015_0822_155535-IMG_4268のコピー


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/01 Thu. 08:02 [edit]

category: 随神(かんながら)の道

TB: --    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form