04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【或るお子さんの病を通して】 

【或るお子さんの病を通して】



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*東京・武蔵野展/来週スタートです*



【東京・武蔵野市】


会場:東京/武蔵野市
   ギャラリーシティオ
会期:H27年12月4日(金)~6日(日)
   会期中、全日 作家が会場に居ります。
作者滞在時間 
(4日・5日=AM10:30~PM5迄
 6日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
東京都武蔵野市境1丁目18−10
連絡先:0422-36-2303

《アクセス》
武蔵境駅北口出口から徒歩約5分


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




2015_1127_142630-IMG_6473@.jpg




【或るお子さんの病を通して】




その方は 先の門司展に
病気を克服し 全快した
可愛らしい息子さんを連れて
ご家族揃って 
ご挨拶に いらして下さいました。


今日のお話は 或る末期の
小児癌を抱えた息子さんと
そのお母さんとご家族の
魂の闘病生活を
ご紹介致します。




2015_1127_135317-IMG_6471@.jpg



その方から メッセージを頂戴したのは
昨年の夏の事でした。



その内容が あまりにも深いものだったので
強烈な印象として 残ったのです。




<前に一度メッセージを送った○○市の○○です。
<私は三歳半の息子がおります。本当に愛しい息子です。
<甘やかしでは無く大事に育てて来ました。
<皆に愛されるチャーミングな男の子です。


<一年前に珍しい目の癌で左目を摘出致しました。
<家庭円満、家族の幸せを大事にして来たので、
<何故1番悲しい事が起こるのかと神に怒りました。
<その後抗がん剤治療も選択せず、
<再発転移無く主治医ももう大丈夫と。
<このまま息子が大人に成長する姿を想像していました。


<今日、
<頬に別の悪性腫瘍が見つかりました。
<進行も早いです。症例も少ないそうです。
<息子の境遇が不憫でなりません。
<丈夫に産んであげれませんでした。
<また痛い想いをさせる事が辛すぎます。
<自分の未熟さを悔いています。


<すみません。
<こんな事をタカオさんにメールするのは
<失礼とは思いましたが、
<私の気持ちが神様、仏様に少しでも
<届いて欲しいと書いてしまいました。


<最後まで諦めず前向きに
<病気と向き合いサポートしようと思います。




わたくしは この内容に 驚愕し、
言葉こそ 押えて書いているであろう事は
容易に想像出来ましたが


その行間からは、母親としての
深い苦悩と苦しみが
ひしひしと伝わってくるような・・・


そのようなメッセージでした。



2015_1127_142656-IMG_6474@.jpg



とは言え、困りました。

わたくしは 神絵師ではあっても
医者では御座いません。
(きっぱり!)

特別 祈祷や呪術を 行う訳でも
もちろん ありませんし、出来ません。

(またしても きっぱり!!)

ただ 思い当たるのは
わたくしを通して 
神にお取次をしてほしかったのだろうと
そう 思ったのです。



いや、そう言われても~・・・
((´ω`υ))


確かに 神様は 身近ではありますが
とは言え、何か お願いしたり お話ししたり
・・・と言った感じでは無くて




基本的に わたくしは 
大神様から放置状態に置かれており(笑)


【そなたは ただ 真面目に生きて
 自らのやらねばならぬ事に専念しておればよろしい
 (必要な事は、こちらが判断して 動くから)】


・・・みたいな感じです。(@^-^@;
(大神さま、放任主義です・笑)


だから わたくしが 何か 
あーして下さい、こーして下さい、と
大神さまに 敢えて頼む様な事は無くて
すべて 神様任せで 動いています。



ただ この様な事があった時には、
一人で ぽつねんと 考えている事はありますよ。




(さて どうしましょう~
 誰か よい専門家でも ご紹介して
 上げましょうか~
 誰がいいのかなぁ~・・・)




などと ぼんやり考えていると
ふ・・・と、必要だと思われる方のイメージが
脳裏に浮かぶので
浮かんだ方を ご紹介したりしています。



(いつもこんな感じなんです  (;´Д`)ノ 



なので、その時に 思い当たる何名かの方を
お教えしたかと思います。




2015_1127_135305-IMG_6469@.jpg


その中に
鍼灸師であり 食事療法で
ほぼ すべて、と言うすべての病気を
根治してしまう、と言う先生を
知っておりましたので 


ひとまず その方をご紹介し
わたくしの方からも お願いをしておきました。




すると 翌日には すぐに お礼のメッセが
送られて参りまして・・・



<お返事頂き、嬉しい気持ちで一杯です。

<貴重なアドバイスを頂きありがとうございます。
<早速、○○先生にメールしましたら
<すぐ返信をくださり明日こちらまで往診に来て
<頂けるそうです。


<心強いお言葉も頂き、光が灯りました。
<感謝のしようがございません。




わたくしは 何もしておりません。
ただ この方ならば・・・と思った先生を
ご紹介したのみです。


けれど 遠くから その方と ご紹介した先生とのやり取りを
見守らせて頂く、と言う貴重な体験をさせて頂けました。




2015_1127_153437-IMG_6497のコピー

 


<度々メールを送りつけすみません。

いえいえ、どうぞ お氣遣いなさいませんように(^-^)/

<今日はるばる東京より○○先生がお越し下さりました。
<診察の結果、脳にも転移しているそうです。
<西洋医学では取り切れないかもしれないと仰っていました。
<そんな結果でも治りますと明るいお返事を頂きました。
<今日一日キツネにつままれた様な。
<世界観がゴロリと変わる体験を致しました。
<体に伺って体が応えてくれて治していけるって凄いなーと
<まるで魔法の様でした。


<先生のお人柄も右も左もわからない私たちのような人間に
<一から丁寧にお話してくださり、
<心から尊敬しました。(そしてとても愛妻家だなと感じました♪)


<まだ変化を実感しておりませんので、
<本当にこの選択がよいのかは
<時が経たなければわかりませんが、
<家族一丸となって病気をやっつけようと思います。
<私たち夫婦の体の悪い所も調べて頂いて
<本当に幸せな一日でした。


<感謝の伝えようがありませんが
<11月の京都の展示会には駆けつけ
<お会いして直接お伝えしたいと思います。
<ありがとうございます。愛を込めて。



そうでしたか♪
それは 何よりでしたね♡
あなたの嬉しそうな 心躍る氣持ちが
メッセージの行間からも伝わって参ります♪




けれど、京都展の直前に届いたメッセは
ちょっと 微妙なニュアンスで届いたのです。




<お久しぶりです。

<京都の個展が目前に迫って来ましたね。
<病気を完治し京都でお会い出来る事を
<楽しみにしておりましたが、もしかしたら
<駆けつけることが出来ないかもしれません。
<未だ息子は闘病中で痛みがある身でして、
<来週までに元気にさせてあげれるか
<自信が無くなって参りました。


<ご紹介頂きました○○先生には
<心のこもった診察をして頂いております。
<息子を助けて頂ける○○先生を
<ご紹介頂きました事、心から感謝しております。
<本当に有難う御座います。


<いつの日か必ずお会いして
<直接お礼をお伝えしたいと思います。

<タカオ様のご多幸をお祈りしております。




そうでしたか・・・まだ 息子さんの容体が
安定していないのですね・・・。
では、どうぞ ご無理をなさいませんように・・・

そう 願いながら 京都展の会場へ向かいますと・・・



2015_1127_153345-IMG_6487のコピー



何と!!
彼女は、まだ状態が安定していない息子さんを連れて
京都展の会場まで やって来て下さったのです!!



これには 誠に 驚きました。

その時には、まだまだ 息子さんの様態が
思わしく無く、左目には 大きなガーゼが
当てられておりました。


けれど 何と 愛らしい坊やでしょう♡
左目のガーゼは痛々しいものではありましたが
その瞳は、無垢で 純粋な光を宿しておりました。


(あぁ、これほどの状態であるにも関わらず
 よく ここまで いらして下さいました。)

 

その姿には、
胸にこみ上げるような想いが御座いました。


ですが、わたくしは 
他の方の応対もせねばならぬ身でしたので、
なかなか この方の側へも行けずにおりましたが


その代わりを勤めて下さったのが
ご神縁さまの 和子さんでした。


痛がって ほとんど ぐったりと
元気の無かった ぼくちゃんを
和子さんは ずっと 優しく抱きしめていて
下さったのです。


この姿にも 感動致しました。

和子さんには、観音様が降りていらしゃる!
・・・そう 感動と共に お話をしながら
見守らせて頂いておりました。



本当に 良く来て下さいましたね。
まさか 逢えるなど 
思っても居ませんでしたので・・


この日の出会いは わたくしにとって
大きな感動をもたらしてくれました。




2015_1127_153349-IMG_6488のコピー


けれど だからと言って そうそう
すぐに結果が出来る、と言うようなものでは無く、


この方は、お子さんの病気を切っ掛けに
今までの生活の在り方 全般を
もう一度 見直す事を 
始めなければなりませんでした。




2015_1127_110451-IMG_6465@.jpg





<お返事ありがとうございました。

<明日、○○こども病院へ入院が決まりました。
<○○先生のサポートも頂きながら
<気功の先生にも支えて頂きながら
<完治に向け頑張って参ります。
<タカオさんのお話はどれも耳に痛いお話です。


<育った環境から供養とか信仰という事に親しんでおらず、
<でも昔から何と無く興味があり、
<息子の病気を機にタカオさんのブログも
<拝見するようになりました。
<方法がわからないから
<教えてくれる人がいないからと後回しにしておりました。


<今日、ネットでですが、
<先祖供養の方法を調べて
<仏壇の無い供養方法を始めました。
<近々に近くの神社にもお参りしようと思います。


<私に出来る事を継続して頑張っていきます。


<タカオさんのメールを何度も読み返しております。
<親身にご教授頂きまして心から感謝致します。




そうですね。
このメッセが届く前に わたくしは
この方に 


『先祖供養はしっかり出来ていますか?
 地域の一宮さまや地元のお社さまへは
 ちゃんとご挨拶に出向いていますか?』


・・・と、尋ねてあったのです。

神と先祖を祀るのは、
人としての 基本中の基本です。

それは あたかも 車の両輪のようなもので、

先祖が 自身の魂のルーツだとするならば
神は、人類のルーツです。


その大元を 大切にする、と言う
人としての原点を見失って
どうして 本当の人の幸せがあると言うのでしょう。


わたくしは 治療が なかなか思わしくない旨
報告を頂いていたので、
不思議に思い、その事を正してみた返信が
それだったのです。




2015_1127_153250-IMG_6480のコピー




そして、息子さんの病状が
一番悪化した時のメッセージが
こちらでした。


あえて これをご紹介するのは、
同じような状態で 苦悩されている方も
ネットの向こう側にいらっしゃるのでは、と
少しでも 参考にして頂ければ何よりとの
配慮からなのです。




<貴重なお時間を割いて頂き感謝致します。

<この3ヶ月、本当に息子は頑張ってくれました。
<目の摘出が影響しているのか、
<有害物質が排出されにくく途中からは
<関節の痛みが伴い夜も寝られず体力も体重も落ちて
<頬の腫れは急激に腫れ、限界に来てしまいました。


<○○先生は本当に素晴らしく、
<今でも心より信頼する先生です。
<9月の末にはガンの原因物質は排出された事、
<もうガンではない事をメール頂き
<残りの30%の菌などの排出で
<健康な体になると太鼓判を押して頂きました。


<しかし今の息子の状態は○○先生にも
<わからないのだそうです。
<毎夜深夜まで診察して頂き、
<○○先生にこれ以上負担をかける事は
<出来ないと判断しました。
<○○先生からも医療機関に診察して貰うように
<10月末よりずっと進言して頂いておりました。


<○○先生に沢山ご教授頂き
<ガンがデトックスで治ると私も信じております。
<息子が今、ガンでないとも信じております。
<しかし医療機関では病歴から再発と診断を受けます。
<苦渋の判断でこども病院に入院しました。

<これからも○○先生にアドバイス頂きながら
<気功も施術して頂きながら
<完治に向け支援をお願いしております。





実は このメッセのやり取りは
わたくし自身も たいへん辛いものがありました。


この時と ほぼ 同時期に
○○先生の方から


『最後の原因物質が どうしても特定出来ません。 
 力不足を 心よりお詫び致します』

・・と たいへん丁寧なメッセージを
頂戴していた時でした。


いったい どうなる事かと
わたくしは ただ 固唾を呑んで 
見守るしか無かったのです。



【瑞穂の国】
@1_20151110211339d76.jpg




そして、今年の1月に 再度
メッセージを頂戴致しました。



<お久しぶりです。
<いつもFBやブログの記事を
<大切に拝読させて頂いております。


<その後の息子の様子を報告させて頂こうと
<メールしました。
<皆様のお蔭でとても順調に
<快方に向かっております。
<病院の先生はこれからの治療は難しく、
<勝ち目は少ないと仰いますが、
<これまで努力もして参りましたし、
<病院の先生にお任せするのではなく
<いっしょに治している気持ちで
<私に出来る事をしております。
<そして信頼出来る病院以外の先生方に
<出逢えた事も有難く、
<私は必ず完治すると信じ切っております。
<これからも色んな事を学びながら
<私に出来る事を頑張って参ります。
<つくづく強運な息子、
<幸せな私~♪有難いと思う時ばかりです。

<崇尾様に頂いたメールで
<見方を変える事ができました。
<有難う御座いました。
<崇尾様のご多幸をいつもお祈りしております。




皆さん、この方からのメッセージを読んで
氣付かれた事があるかと思いますが、

この方は、決して 誰かを責めません。

そして、どのような状況であっても
諦めない強さ。


この信念が 運を引き寄せるのです。


【国常立尊】
1_20151110211715a8c.jpg



そして、
今年の1月に頂いたメッセージには、
この様な内容が・・・




<息子はとても順調に腫瘍が小さくなってきております。
<腫瘍が小さくなり、気道も確保出来て、
<今の状態ならまた体の負担が少ない治療で
<完治出来るだろうとは思うのですが、
<なぜ食事療法で治らずに色んな経験、想いをして今、
<西洋医学の病院にお世話になっているのか、、、
<意味があるのでは?
<私の経験が他の方にほんの少しでも
<役に立つのではなどと考えております。



そうですね。
確かに 意味があるのだろうと思います。


あなたやあなたのご家族が
実際に経験して来た様々な出来事を
また 次の同じような悩みと苦しみを抱えている
方々へ お繋ぎして行く事・・・。



そして ○○先生の方から
嬉しいメッセージが届いたのは
それからでした。


『どうしても 分からなかった 最後の原因物質を
 突きとめる事が出来ました!』


このメッセージ後
息子さんの状態は みるみる 快方へ
向って行ったようで、


前期巡回展の四国は香川展に
元気に走り回る息子さんを連れて
この方は 再度 展示会場へ
嬉しそうな姿を見せに来て下さったのです。



【天宇受売命】
@1_20151110211312bf4.jpg



5月の末に届いたメッセージには この様に
穏やかな波動のメッセージが
込められておりました♡



<息子はお蔭様で無事退院しました。
<元気一杯、家族みんなでありがたい日常を
<過ごしています。



そうして 門司展会場へ
ご主人と そのお父さまをお連れになって
すっかり完治した 元気な姿の息子さんを
伴って 晴れやかなお顔のその方が
入り口に立たれてご挨拶をして下さいました。




【宇宙根元神Ⅰ・Ⅱ】
宇宙の根元神・陰陽①



あぁ、本当に 何よりでした♡
ほんとうに 良かったです♡

あなたの幸せなお顔を拝見する事が出来た事、
元気に走り回る 息子さんの姿を
垣間見る事が出来た事、

わたくしにとって
何にも代えがたい喜びなのです。



【豊玉姫】
8_201511102117210fd.jpg



実は この時になって 初めて
この方は 息子さんが
最後通達を受けていた事、

まさかの事態を想定して
心の準備をしておいてほしいと
医師から告げられていた事

などを打ち明けて下さいました。


母とは 何と強く
そして、なんと 限りなく優しいのでしょう。

子供を信じ抜く強さ。

その信念が引き寄せた
これは 奇跡なのかも知れません。


わたくしは ただ それを
少し離れた場所から
見守らせて頂くと言う、

幸せの目撃者として
この度の奇跡に
参加させて頂く事が出来ました。


そして、第一線で
治療にあたって下さった S先生にも
心より感謝致します。
本当にありがとうございました。


早苗さん
あなたが頂いた幸福は
また 第二 第三の
あなたと似たような境遇で
苦しんでおられる方の灯となって

また次の方へ 光をお繋ぎして行く事こそが
あなたの御神業でもあるのです。

『自分は治った!』
・・から、いい。のでは無くて

その喜びを 次の方へ
繋いで行ってこそ

この度のあなたの学びが
生きて来るのです。

是非、この経験を
貴重な魂の学びとして
次へ続く方々へ 繋げて行って下さいね。




☆感謝☆



【覚醒の女神Ⅰ・Ⅱ】
@7_20151110211023512.jpg


*誠に 長い(いつもながらですが・・汗)
 ブログになってしまいましたが、
 これが 昨年の夏から続いていた
 出来事を ワンストーリーに仕上げた
 もの語りなので御座います。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/11/27 Fri. 23:32 [edit]

category: 人生が動く時

TB: --    CM: 0

27

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form