10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆頂戴したメッセージから(後編)☆ 

☆頂戴したメッセージから(後編)



2015_1223_085609-IMG_0708@.jpg


今日の記事は、
先日 12/16 に
ご紹介した記事の続きです。

ある出来ごとが切っ掛けとなって
真剣に陰徳を積み始めた方が
それによって どう心境が変化して行ったのか

きっと 他の方々の参考になれるのでは、
と思いまして、前篇・後編に分けて 
ご紹介させて頂きます☆(^-^)



2015_1223_085918-IMG_0715@.jpg



<ふと気がつけば、神社の掃き掃除やゴミ拾い等の
<自分で決めた陰徳活動をきっちりやり始めて
<1年以上が経ちました。

<初めは「気が向いた時にやればいいや」位の感じで
<竹ボウキを買ったのでした。
(中略)
<崇尾先生のブログを初めから読み返し 
<気になる言葉をノートに書き出し 
<それを何度も何度も読み返し、
<特に心に響いた言葉は暗記をし....

<そしてその日から 私は
<陰徳生活を始める事になったのです。
<そうしていないと心が壊れてしまいそうで....
<こういう事がなかったら、
<ここまで必死に毎日毎日神様と
<向き合うことはしなかったと思います。
<毎日必死でした。

<週に1~2回○○神社の掃き掃除をし、
<それ以外でも頻繁に神社に足を運び、
<お参りとゴミ拾いを、
<また河川敷のゴミ拾いをも始めましたが、

<それはそれは恥ずかしくマスクで顔をかくし、
<泣きたい気持ちで・・・ 
<いや本当に泣きながらゴミを拾っていました。

<毎回ゴミ袋とトングを持ち、準備は出来ているのに
<玄関からの一歩がなかなか踏み出せず....

<そんな時は先生の言葉を口に出して
『他人の目なんかどうだっていいんです...』
<自分に喝を入れて出発していました。

< 今でもあの頃の自分のあの時の気持ち 
<しっかり覚えています。


<ちょうどそんなことを繰り返し、毎日必死に過ごしていた頃、
<レプリカの募集があり、ダメもとで応募したところ、
<○○姫様が私のところに来て下さいました。
<本当に嬉かったです。

<先生は私のことを『努力家の女性』と紹介して下さいました。
<....必死に努力していた時なので、
<あっ神様はちゃんと見ていて下さるのだ....と思いました。

<『神の採点はギリギリ』
<『これからの彼女の頑張りに期待して彼女のもとへ』
<『懸命の努力により難関を突破出来る時』
<とのお言葉に涙が流れました。

< 私を選んで下さった○○姫様を
<絶対裏切る訳には行かない!!
<との強い思いで、この1年必死に神様と向き合って
<頑張ってきたつもりでいます。

<6月の初め頃、レプリカの中に、ちょうど
<十字に四分割した左上の部分の全面に、
<少し横を向いて髪を一つにひっつめた女性の顔が
<浮かび上がってきました。

<毎日朝晩1日の誓いや反省をレプリカに向かって
<口にしているのですが、ある時から 不思議なことに
<そのお顔の表情が変わることにきづきました。

<大きく目を見開いて笑って下さる日、そうでない日。
<そのお顔を見ると自分の1日がどうであったかの
<判断がついてしまうほど...


(中略)
<これからも 更に頑張ります!
<あっというまの1年でしたが、
<こんなに充実した1年はひょっとしたら
<初めての事かもしれません。

<振り返れば体調を崩すこともなく
<この1年を過ごす事が出来ました。
<ビックリです!
<これからも頑張って
<陰徳活動はずっと続けて行きます!!!!



2015_1223_085737-IMG_0711@.jpg



とても 素敵なメッセージを
ありがとう御座います。

最初の一歩を踏み出す事は
それは とても勇氣の要る事ですよね。

よく 決断なさいました。
そして、よくぞ ここまで 継続なさいました。

本当に御立派ですね。

あなたの他にも 北海道のSさんが
とうとう タバコの吸い殻拾い、3万本を達成したと
先日 御報告メッセージを頂いたばかりです。

陰徳とは 実は この様に 大きな成果へ
連なっているものだ、と言う事を
より多くの方々に知って頂きたくて
ご紹介させて頂いております。

たかだか 吸い殻 一本、
ゴミの一つであったとしても・・・

それを 毎回 氣付いた時に
その都度 拾い続けて行く事が

どれほど 大きな光を自身の未来へ
繋げる事が出来るのか、と言う事を
もっと 多くの方々に
氣付いて頂きたいのです。

大きな仕事とは、
決して 一朝一夕に
成し遂げられるようなものではありません。

一から 積み上げて行く努力の大切さ

そして、下積みを経験する事も
魂にとっては まことに大きな学びになるのです。

下の者の氣持ちを 推し量る事の出来ない者は
決して 真の先導者には なれません。


常に 頭を垂れる稲穂で在り続ける為に・・・

人としての 最も大切な【原点】を
見失わない為にも

大きくなれば なるほどに
謙虚であれ・・・。



☆感謝☆



宇宙根元神①
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/23 Wed. 23:38 [edit]

category: 頂いたメッセージより

TB: --    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form