10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆そして、繋がる御神縁☆ 

☆そして、繋がる御神縁☆




今日のお話は、先にご紹介した方
12/16
12/23

先日 正式なご神縁さまとして
大神のご縁に繋がられた日のお話しです。



【宇宙根元神Ⅰ】(大神様)
宇宙根元神①


この方は、先日
大神様が【正式なご神縁】さまとして
ご縁にお繋ぎになられました。
(*^-^*)



そうですね・・・。

振り返れば、1年と半年ほど 
歳月を要したでしょうか・・・。

この夏頃から 御神縁に繋がりたい、と
願う様になったのだそうです。

(まったく 知りませんでした・・・
 本人も そのような事は 一言も
 仰って居られませんでしたので・・・^-^;)


2015_0916_083333-IMG_0175のコピー



先日、初めて
タカオのアトリエにいらした その方は、
初めて出会った時のままの
真っ直ぐな目をしておりました。

人生を 上手に渡れるような 
器用な方ではありませんが、
本当に 人柄の素晴らしい方なのです。

そして、この方との 出会いを
繋いだ切っ掛けは、光明観音さまの神絵でした。



【光明】(観音菩薩)
光明観音(大)のコピー


その御姿に 御自身の母君を思い起こされたのだそうです。

更に 御自身だけでは無く、
妹さんも お母さまの面影を【光明観音】さまに見出して
涙されたとの事でした。


実は、このようなお話しは 時々 耳に致します。

それは たぶん その方にとって
最も 大切な方の面影を
神絵のお姿の中に
見出すのではないでしょうか・・・。

そう言う意味でも
タカオの神絵は、その方の心の在り方を写す、
写し鏡でも あるのです。



1_20151226230752af8.jpg



『先生の書かれたブログで 
 心に残った言の葉を書きだして
 何度も 何度も 心の中で 
 唱え続けて参りました。』



本当に 有難い事です。
ただ ただ そのお氣持ちに
頭を垂れるしか御座いませんでした。



宇宙根元神①


タカオのアトリエの入り口には、
大神様の神絵を 常に展示して御座います。

正式なご神縁さまになられた その方は
いつも 心の支えとされて来た 大神様の神絵に向い


『いつものように 神様へ 
 お言葉を捧げてもいいでしょうか?』


・・・と 仰いまして・・・、

唱えられた言の葉に わたくしは 魂が震えました。
今 思い出しても 込み上げてくるような想いです。



その言霊は、今まで わたくしが 
ブログで発信して来たものでした。

その言霊の中から 特に心に響いたメッセージを
書き写して 御自身の祝詞(?)とされて来たようでした。


(とはいえ、タカオが書いている記事ではありますが、
 実際は、大神が その都度
 言の葉を 降ろされているのでしょう

 わたくしは ただ 感じるままに 
 降りて来た言の葉を ブログ発信させて
 頂いているのみなので御座います。)




『天を仰いで 真っ正直に生き 
おのれの信じた道を 
ただひたむきに まっすぐに
正々堂々と生きる事

日々の生活に感謝して
生きている事に 喜びを見出し
人を非難せず 愚痴をこぼさず 
感謝と共に生きて行く中で
自然と繋がって行く道こそが随神の道

人は 神の中にあり
神は、人の中にある・・・・』




実際は、この数倍もの長い文言を
この方は、すべて暗記されておりました。

その光景は 誠に 感動そのもの・・・

わたくしは 神棚の下で その言霊を
身じろぎもせずに 聞き入っておりました。



2015_0822_091635-IMG_3930のコピー



何と言う!
何と言う 凄い方なのだろう・・・



わたくしは しばし 言葉も御座いませんでした。


『出会った時が 人生の転期でした・・・。』


その方は そう 仰って下さいました。


『自分が生まれ変わった時でした・・・』

・・・と。



『以前の自分なら 
 些細な事で 癇癪を起していました・・。

 でも、今は違います。
 相手を許せる心のゆとりが
 生まれるようになったのです。

  そればかりでなく
 病氣にすら 罹らなくなって来ました。

 それは 
 陰徳を積み始めてからの事なのです。』


その方は 表情を ほころばせながら
紅潮した頬で 嬉しそうに そう仰いました。



光明観音(大)のコピー



陰徳を積み続ける、と言う事が
人の人生に 
どれほど大きな光を注いでくれる事なのか

この方の生きざまを通して
もっと 多くの方々に 
氣付いて頂きたいと願っております。




☆感謝を込めて☆



2015_0822_155518-IMG_4264のコピー
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/12/26 Sat. 23:19 [edit]

category: 御神縁

TB: --    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form