03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【真実を見抜く目を培う事】 

【真実を見抜く目を培う事】



2_201601032208053ad.jpg


だいぶ昔の事です。

或る高利貸し(?)だったのか もう はっきりとは思いだせませんが
お金の亡者の取材をした番組が放送された事がありました。

そこでは、日本刀を振り回した <当事者=金融亡者>が
テレビのディレクター相手に 精一杯の脅し(?)をかけている場面でした。

その絵面の凄まじさに 画面にくぎ付けになった事が御座います。

それから かなり歳月が流れて たまたま 流し見していた番組で
その時の日本刀で 脅されていたディレクターが ぢつは、
テ○―さんだった!!・・・と言う事を知る切っ掛けがありました。

○リ―さんは、その時の状況を この様に 説明しておりまして・・・

『あの時さぁ、「あ、今 カメラ回ってませんでしたから 
もう一度 日本刀 振りかざしてもらえませんか?!」・・・なんて 
言ってさ、日本刀持って もう一度 凄んでもらったの!!』
・・・などと言った裏話を知ってしまった時の 
ドッチラケ氣分と言ったらありませんでした。

世界のほとんどの 主要メディアが 闇に乗っ取られている昨今
情報なんて いくらでも操作します。

そんな 混沌の世を生きながら それでも 輝きを失わずに 生き抜く
それも皆、世の移り変わりにおける 【精査】なのです。

わたくしは 一方的に<闇>だけを 糾弾する、と言う事は致しません。
それは あまりにも片手落ちであり、
物事の実相を反映してはいないからです。


さて、また 或る時、もう ずっと 以前になりますが、
血液製剤によって 病氣に感染した、と言う女性が 
大々的に画像に映し出され その方の泣き顔が 
何度も何度も テレビの画面に映し出された事がありました。

やがて 泣き顔で(失礼) 一躍 有名になったその方は、
政治家となり 国政に躍り出ました。

政治家になったその方が どのような仕事をしたのか、
と言えば、(或る方の弁をお借りするならば)
自らの身内を秘書に起用し、官僚と恋愛をして 結婚した・・・
<私利私欲に生きただけの人>・・・との事でした。


また 或る時、と或る大学の認可が直前で取り消されたと 
大々的に マスコミで報じられた事がありました。
その時もまた 進学予定だった、と言う女子学生が 
テレビの画面の前で 大泣きをしながら 訴え続けました。

『一度 認可をしたものを どうして 取り下げてしまったのでしょう?!
 わたしは ここに入学する事が出来なくなってしまいました!!』

後から 自ら調べて分かった事は、
その大学は すでに 日本人の入学者が ほとんどおらず 
外国からの留学生の為に日本人の税金が補てんされる、
と言う実体があったのだそうです。
そんな実体は、決して マスコミでは流しません。



マスコミが (特に)女の子や女性の泣き顔を 大UPで 映しだし
世論を操作しようとする時には 必ず その裏側には
一般の日本人には 氣付かせたくない 何かが潜んでいます。


先にも 話した通り、この国のみならず 
世界のマスコミのほとんどが 
闇のツールになり下がっている以上、
人々は、表面に出ている現象だけで 判断せずに 
必ず その背後にある実相を見抜かねばなりません。

けれど それが ほとんどの方に出来なくなっているのは、
日本人の霊性を 徹底的に下げる為の 
執拗な工作が 何重にも施されているからです。

話は変わります。
以前 あるブログでは、人気ブロガーさん(女性)の
囲い込みをやっておりました。
(囲い込み、と言う善い方は適切ではないかも知れませんが。)

上位○番に 常に位置している方には、
審査の上で VIP待遇の上、マスコミにも紹介し
専門家を付けて 全面的にバックUP致します。
それに 応募する為に 家族構成をお知らせ下さい。

・・・と言うものです。

その内容を 読めば読むほど 悪寒が走りましたが、
何故 当の本人以外に 家族、特に子供の詳細な情報まで
報告する必要があるのでしょう?

そして、何件かの景品が 列挙されています。

海外旅行とか、そうですね。
もしかしたら これに 当選するかも?知れない♪
・・・と言う いかにも 女性が好みそうな景品と、 
人の<欲>を巧みに操った 囮作戦でしょうか?
そして、○月○日に 選ばれた特別な方々が一堂に介して 
○○会場で ○時から 
会食会が開催されます。・・・との内容です。

何度も 何度も そのお誘いのメッセージは 
届けられましたが わたくしは 一切 
それに応じる事はありませんでした。

何かの力や圧力に 取り込まれるのなんて 
まっぴらごめんです。
別段 欲しいものなんて 何もありません。
ただ、自分が 出来る範囲で 出来る事を
淡々と 地味でも 確実に 行って行きたいだけです。

そして、ご丁寧にも 
そのメッセージ内容を暴露した場合には、
有無を言わさず 退会させます、との
脅し付きのメッセージまで付随して・・・(笑)

あの時の 景品は 一体 どなたが 貰ったのでしょう?
何の発表もありませんでしたので、ただの囮だった、
と考えても おかしくないかも知れません。(笑)

いずれにしても 品物や金銭で 
呆気なく釣られる様な軟な御霊では
とても この大峠は越せないのでは?・・・と、
田舎っぺのわたくしなどは、思う訳で御座います。


皆さま どうぞ 金品には 
くれぐれも 釣られませんように。


闇のやり方とは、与えるフリをして 
決して 与えず、
実は 根こそぎ 奪い取る事が 
真の目的なのです。




☆感謝☆



1_20160103220806f2b.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/04 Mon. 17:49 [edit]

category: 真実を見抜く目を培う

TB: --    CM: 0

04

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form