10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【精神世界に移行した時の国の姿】 

【精神世界に移行した時の国の姿】


6_20160106070455657.jpg



皆さま、いつも誠に ありがとうございます(^-^)

さて 昨日に引き続き お話しの内容は、
更に具体的になって参ります。

ところで 昨日の内容は、もしも 今後
世の中が更に加速して行った時
権力にしがみつこうとするモノ達が
民衆を力によって 封じ込めようとした場合の対処法を
あらかじめ お伝えしておきました。

心の片隅に しっかりと 留め置いて下さいませ。

そして、万が一 その様な状況になった時に
冷静に対処出来ますように・・・。



2015_0915_105204-IMG_5008のコピー



世は、精神世界への 大転換を計っております。
武力による衝突では 何事も解決出来ない、事を
私たちは もう 十分 学んで参りました。

だからこそ 武力を用いない
けれど 最小にして 最大の効果を発揮する方法で
精神世界への抵抗を計ろうとする 最後の勢力に
対峙せねばなりません。

それは、冷静で静かな しかし 確実に
経済モンスター達(と、その手下になり下がったもの達)
・・・を 追い詰めて行く方法です。


4_20160103220811ffe.jpg




今回は、世界が目撃者です。
世界の人々に向けて この日の本の国が
どう精神世界への大転換を計って行くのか、と言う事を
世界の人民に示さねばなりません。

それを 真似て 世界が変革の時を迎えます。

大きなお役目ですよ。
そして、それは 神人民族である
日本人にしか 出来ません。



2015_1222_151923-IMG_7084@



その前に 真っ先に精査の対象に上げられているのが
やはり今の政治家たち全般です。

ヘタレで役立たず(言葉がきつくてすみません)
国民を護り抜く氣慨も覚悟も無いにも関わらず
税金を絞り取る事ばかりは熱心、だと そう怒りと共に
イメージが入って参ります。

それほど迄に 神々は 怒って居られます。
特に大神様・・・。この方は お厳しい・・・。

政治家達の事をイメージすると 堰を切ったように
怒りの波動が 流れ込んで参ります。

【上に立つ資質も無いようなものが 国の舵取りをしている。】
【それが この国の不幸を増大させている】


1_20160103220806f2b.jpg



さて、本題に戻しましょう。

本日のお話は、世が精神世界への
大転換を計った時の具体的な国の統治の姿です。

縄文時代のような 大小様々な生活共同体のような、
集落が 日本全国に出来て来る。
・・・と言うお話は、今までにも
お伝えして来た通りです。

今日のお話しは、その より具体的な
統治の在り方について、です。

『人民に国を返して下さい。』・・・と申しましても
皆さん、
(えっ? そうは言っても 
じゃあ 具体的に どうしたらいいの?)
・・と、ちょっと とまどってしまいますよね。

わたくしも そうでした。
(そんな事急に言われたって・・・)・・・って。(^-^;

そう致しましたら 今度は、より具体的な
統治の形態が降りて参りました。
参考にして頂ければ幸いです。



2015_0822_095948-IMG_4075のコピー


その前に、以前 すでに 政治は、今までのような
権力の一極集中型の中央集権国家と言う形が終わります。
政党政治が 終焉致します。
・・・と言うお話しは してありましたね。(^人―)☆

その資質の無いものが 強大な力を持つ事の怖さを
今までの歴史でも よく学ばれた事と思います。

さて、その集落(生活共同体)を統治するのは、
御霊の磨けた人物で 人々が推挙する人物です。
これは、男性、女性 問いません。

次の精神世界は、霊と精神による 神と人とが
一体となった世界に移行して参ります。
日本の国と言いますのは、もともと 特別な【神の国】です。



11_201601082115013b0.jpg


これほどまでに 日本全国の至る所に 
神社が建立されている国も御座いません。

本来 神と人とは 常に一体 だったのです。

神の社を 国家が管理するのは 当然の事でした。
それを 替えられたのが、明治政府からです。

なるほど、外国から 政治や様々なシステムを取り入れた
当時の指導者達が 江戸時代の古き善き 日本の伝統を
捨て去ってしまったのでしょうね・・・。

その最たるものが、神社を国の保護下から 切り離し
独立採算制? 自分でやって行きなさい、と
放置したのです。

・・・と或る 神社の神主さんが 仰っていました。

この辺りのお話しを致しますと かなり 
横道に逸れねばなりませんので、話したいのは山々ですが・・・
本題に戻ります。(展示会では お話ししてますけどね☆)



2015_1229_123202-IMG_7198のコピー


精神世界は、神の国に戻ります。いえ、戻さねば 
世界の真の夜明けが参りません。

そんな訳で、精神世界に変わった時、
この世は、神(神社)を中心にして 集落が形成されます。
(もちろん、そこには 泉水がある事が必須条件です)



2_201601032208053ad.jpg



こうです。

皆さんの地元に 氏神さまが 御座いますね。
まず、その氏神さまを中心にした地域が
一番 最小の集落単位になります。

万が一 その地域に 氏神さまが 無くなってしまった場合は、
タカオの描いた神絵が 神の寄り代となります
(お社の替わりを果たします)
(などと言うと まるで 宣伝になってしまいますが、
 納得出来た方だけ 聞いて下されば構いません。 
 タカオの神絵は、神の寄り代となれる 唯一の神絵です。
 などと申しますと これも また 人によっては
反感を持たれてしまいそうですので、
納得出来た方のみ ご覧になって下さい。)

これは、日本全国規模でのお話しです。
 今のうちに 出来るだけ 人々の魂に
言霊を入れておこうと思っています。

入れてほしく無い方は、スル―して下さい。

 もちろん 更なる詳細に関しては 皆 
展示会場での お話しになります。)



2015_1229_123117-IMG_7194のコピー


さて、その集落をまとめる者は、
人々から 自然と選ばれた 御霊の磨けた人物です。

(たぶん 神のお取次が出来る方。
 とは言いましても いわゆる 今現在の
霊能者とは、まったく意味あいが異なります。
 人々の霊性が上がるので、自然と 
神と人、1対1の関係で コミュニケーションが
出来るようになって来るのです。)

氏神さま(郷社とか、村社などと言うお社ですね☆)
・・・を中心にした 自分達の地域の様々な事は
生活共同体の長を中心として その集落の中で
皆で話し合って 決められます。

そして、その次の単位が 地元の一宮さま。
更に広範囲の地域に広がります。
この一宮さま単位での代表は、各々の部落の長が話し合って
その中から 一番 適任者が推挙されて 選ばれます。
皆、話合い、と そして、人柄で選ばれます。

(人望のある人物でなければ その共同体、また 地域、
そして その地区一体の統治者とはなれません。)



7_201601060704568c1.jpg


その上の集合体になると 地域ごとのブロックです。

例えば、中国地区、近畿地区、四国地区などですね。

この境目も 弥勒の世に移行する時には
若干 変わって来るかも知れませんが・・・。

<追記です>
弥勒の世へ移行した時には、人が大幅に減っています。
残る事の資質がある者しか残れないので
自然 そのようになって参ります。

ですので、村社・郷社・と言う 共同体の最小単位は
だいたい そのような 規模を想定してね、って
意味のようです。

ですので、だいたい 神社などを観察してみると
ご神水の湧き出ているお社って
結構 見つかりますよね。

湧水が在る事、そこに お社、或いは【神絵】を
大神さまの方から 許可頂いた者がいる範囲

・・・が、一つの生活共同体の最小単位になって来るようです。

<参考までに>


2015_1229_123212-IMG_7200のコピー



地区単位で はなし合いをする時には、
一宮さま管轄の地域の代表の中で 更に 推挙された人物が
ブロックごとの話し合いを致します。

そうして 日本全国での 合意を必要とする時には、
各ブロックごとの代表が 一同に介して
話し合いの場を設けます。

その様にして 日本全国を 本当に御霊の磨けた者たちが
統治致します。

また 弥勒の世の統治は、戦争は致しません。

武力や殺戮で 得た土地や民族など 常に不満が鬱積しており
それは 本当の統治にならない、のだと言う事を
次の世界の指導者は 理解しています。

力による支配が終わるのです。

統治とは、うわべだけでは無く、人心を掴んでこそ
成立出来る事なのです。

その様にして だいたい 日本全国を網羅致します。



8_20160106070505529.jpg


如何でしょう?
ちょっと 言葉だけでは イメージが
湧かないかも知れませんが、
このあたりの 詳細に関しましては
やはり 展示会場にてのご説明になって参ります。

言葉で すべてをご説明するのは
やはり限りが御座います。


取りあえず、今回 降りて来た 次の世界の統治のイメージは
このような感じです。



2015_1228_163812-IMG_7139@.jpg


世が進むにつれて 自然と 必要なメッセージは
波動で降りて参ります。

タカオのアカシックの中の【いにしえ】の記憶が
呼び覚まされる時、
世は 更に加速している事でしょう。

先日 磐長姫さまの真実をお出ししましたが、
何事も 時節と言うものが御座います。

まずは、この3月に開催される
関西は、兵庫での展示会でのお話しが
その最新のご説明の講話・展示会に
なろうかと思います。


9_20160106070503e1d.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



【兵庫県・伊丹市】


会場:兵庫/伊丹市
   アートホール蔵
会期:H28年3月19日(土)~20日(日)
   会期中、全日 作家が会場に居ります。
作者滞在時間 
(19日=AM10:30~PM5迄
 20日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
兵庫県伊丹市伊丹2-5-5 アリオ2
連絡先:072-779-8508

《アクセス》
JR伊丹駅から徒歩2分(180m)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



☆感謝☆
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/10 Sun. 07:50 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

10

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form