06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【①政党政治と中央集権国家の終焉】 

【①政党政治と中央集権国家の終焉】



【女王・日巫女】
18_20160113092706924.jpg



さて、二日間のお休みを頂いている最中も
次の世界へのイメージは 次々に降りて来て居りました。

私用が重なり、それらを文章にまとめている時間が
取れませんでしたが、だいたい どの方向から
お話を組み立てたらいいのか、
その事は、ずっと 頭の中で考え続けて居りました。

さて、いよいよとなった時、一般民衆によるNo行動に
<租税支払い拒否>と言う方法がある事を 
先日お話し致しました。

そこで、です。

<租税支払い拒否>・・・とは言っても
「給与から強制的に取られてしまうし・・・
拒否しようにも 出来ないでしょ。」
・・・と思われた方もいらした事でしょう。

さて、ここです。

自らの生活の基盤(収入)を 他の誰かに 
握られてしまう事の怖さが お分かりでしょうか?

そして、また、自ら食糧を生産する術を持たない、と言う事が
自らの生命を 他人に委ねたも同様の事になるのだと言う事、
その本当の怖さが お分かりでしょうか?

この事を まず しっかりと念頭において
以下の内容を読まれて下さい。



【猿田彦神】
16_201601130927107fd.jpg


民衆を管理し その支配下に置く為に 闇の勢力が何を
画策して来たのか、と言えば
一般民衆の<自給自足能力>を極限まで削ぎ、
常に何らかの組織に所属していなければ 
生活出来ない環境を 意図的に作り上げて来たのです。

その為に 一般民衆を 田畑から無理やり引きはがし
国の自給自足能力を徹底的に削ぐ事に心血を注いで来ました。

政治家(屋)達は、と言えば、その手先となって
ただ 言いなりに この国のシステムを破壊し
人民を奴隷が如く 使役、搾取する方棒を担って来たのです。

(以前 いましたよね?
『国民は、金の成る木だ』と豪語した政治屋が。)

さて、とは言え
彼ら(政治家)にも 言い分はあるでしょう。

彼らとて それが この国の繁栄の姿なのだ、と
そう信じて 国を変革させて行ったのでしょう。
当初は・・・。

けれど 何故、それが 今現在のような 
歪な繁栄の形になってしまったのか、と言えば

その大元の基軸が 
共存共栄と言う 人類の在るべき姿の
根幹からは 大きく逸脱し
弱肉強食思想の下に この国を そして、世界をも
動かして行った所から 
世界の不幸の連鎖は 始まったのです。




15_201601130927124f4.jpg



さて、自給自足の大切さは もう ずいぶん多くの人々が
訴えて続けて来ております。

そして、その為の行動も 心ある人々によって
始まっています。


自給自足生活の推進は、
経済モンスター達の支配下から
回避する究極の方法です。




そして、闇の手先と成り果てた<国>の管理下からも
解放される方法にもなって来るのです。


いずれにしても、もう一度 
はっきりと申し上げましょう。




権力の一極集中型の
中央集権国家と言う国の在り方は
終焉致します。


その資質も無いものが 
国の舵取りをしている事自体に
そもそも 無理があったのです。



戦後70年も経っているにも関わらず
未だに 戦時下の保障だの 戦後処理だのと
あれやこれやと 嫌がらせを受け続けているのは、
もちろん その背後には黒幕が潜んではおりますよ。

けれど 何よりも 一番の原因は
今の政治家が あまりにも実力が無いが故の
これは 国の災難なのです。

この日本と言う国だけでは無く
戦争と言う災禍は、双方が 多大な損害と被害を
被ったのです。

その事を しっかりと主張する事も出来ず
未だに 嫌がらせを受け続けているのは
明らかに 政治家全般の資質の低下
その一番の原因なのです。

力の無いものが 権力を握ると言う事が
どれほど 国や国民に 困難をもたらすか

私たちは 今のこの時代をしっかりと見届けて
時代と共に 終焉して行く 
中央集権国家と政党政治の崩壊を
見届ける覚悟を持つ事です。



17_20160113092707b56.jpg



さて 組織に人々を所属させるのは、
その方が 管理し易いし
尚且つ 搾取も容易になるからなのだ、と言う事は
すでに 以前 お話しした通りです。

さて、では、どうやって その搾取や奴隷生活から
回避して行くのか、と言う方法については
また 明日のお話しとさせて下さい。

記事が長くなり過ぎますと 皆さんも 
読むのが大変でしょうから・・・

いつも 誠にありがとうございます☆




☆感謝☆




【建速須佐之男命】【国常立尊】【日本武尊命】
8_20160106070505529.jpg


☆2016年度の
  前期・全国巡回展のお知らせ☆



◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇




【兵庫県・伊丹市】


会場:兵庫/伊丹市
   アートホール蔵
会期:H28年3月19日(土)~20日(日)
   会期中、全日 作家が会場に居ります。
作者滞在時間 
(19日=AM10:30~PM5迄
 20日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
兵庫県伊丹市伊丹2-5-5 アリオ2
連絡先:072-779-8508

《アクセス》
JR伊丹駅から徒歩2分(180m)




◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇





【愛媛県・松山市】


会場:愛媛/松山市
   アートギャラリー風
会期:H28年4月23日(土)~24日(日)
   会期中、全日 作家が会場に居ります。
作者滞在時間 
(23日=AM10:30~PM5迄
 24日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
愛媛県湊町4-14-5 1F
連絡先:089-921-8750

《アクセス》
松山駅(リムジンバス松山空港線)
リムジンバス松山市駅から 徒歩5分(500m)





◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇



【新潟県・弥彦】


会場:新潟/弥彦
 ギャラリー喫茶 はえゆ
会期:H28年5月18日(水)~22日(日)
   21(土)22(日)の二日間のみ 
    作家が会場に居ります。

作者滞在時間 
(21・土=AM10:30~PM5迄
 22・日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦1374 
連絡先:0256-94-5880

《アクセス》
JR弥彦線 終点・弥彦駅から徒歩1分




◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇




【北海道・札幌市】


会場:北海道/札幌
 ギャラリー粋ふよう
会期:H28年6月25日(土)~26日(日)
   25(土)26(日)のみ 
    作家が会場に居ります。

作者滞在時間 
(25・土=AM10:30~PM5迄
 26・日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
北海道札幌市東区25条東1丁目4の19
連絡先:0256-94-5880

《アクセス》
地下鉄北24条駅より徒歩13分。
北26条通り北向き、1丁目と2丁目の角。
創成川から1丁目が2つ続くのでご注意ください。
2丁目の住所表示を目指して進んでください。
北26条郵便局の斜め向い。





◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/13 Wed. 09:43 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form