08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

第二のハ○ノート<闇の本性を世界へ向けて暴いて行く> 

第二のハ○ノート
<闇の本性を世界へ向けて暴いて行く>



【建御名方神】
31.jpg




◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇




【兵庫県・伊丹市】


会場:兵庫/伊丹市
   アートホール蔵
会期:H28年3月19日(土)~20日(日)
   会期中、全日 作家が会場に居ります。
作者滞在時間 
(19日=AM10:30~PM5迄
 20日=AM10:30~pm4:00迄)

所在地:
兵庫県伊丹市伊丹2-5-5 アリオ2
連絡先:072-779-8508

《アクセス》
JR伊丹駅から徒歩2分(180m)




◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇◆◇◇◇



【建速須佐之男命】
30_20160115121229133.jpg




第二のハ○ノート
<闇の本性を世界へ向けて暴いて行く>




いつものように 空き時間の合間に
ネットを閲覧しておりましたら
また この様な記事が目に飛び込んで参りました。

【日本人には、NOを突き付けて来る
イルカ・クジラの追い込み漁】との記事ですね。


(こちらから転載させて頂きました)
http://genevieve65.blog.fc2.com/blog-date-20140122.html#entry856


納得出来ないでしょうが、
これが 彼らのやり方ですので、
その事をよく熟知した上で 冷静に
今後の対応を考えて下さい。

明らかな言いがかりなんですが、
要は、何でもいいんですよ。
日本を押え付けておく切っ掛けさえあれば。

それが どれほど理不尽な要求だろうが
なんだろうが 彼らはそれをやります。
それが 彼らのやり方です。


【吉備津大御神】
32.jpg



自分達の黒さを 公に晒されないように
陰で上手に立ち回りながら 
姑息で陰湿な恫喝を行うのです。

ですから、日本の立ち位置は、
これら 理不尽な要求を、
世界へ向けて 冷静に 言葉で 暴露して行く事です。

いかに 一方的で 強引な主張であるか、と言う事を
冷静に 淡々と世界へ向けて 動画やネット記事で
配信して行くのです。


【荒吐神】
33.jpg


かつての<ハ○ノート>が そうでした。

かのマッカーサーでさえ 日本が これほどまでの
理不尽な要求を突き付けられている事を知りませんでした。

後に彼(マッカーサー)は、
『これほどまでに 理不尽な要求を突きつけられれば
 どのような国だって 戦争に立ちあがる!』

・・・と、言わしめた程の内容でした。

つまり その真意がどこにあったかと言えば
日本を戦争に巻き込みたかったのです。

どのようなやり方をしてでも、
この日本を戦争に引き入れたかったのです。

そして、この国を 根こそぎ奪い取ってしまいたかった、のです。

その為には 何としても、日本攻撃の正当な理由が
欲しかったのです。

その為に、真珠湾攻撃を計画し 内通者操って
その作戦を実行させました。


【日本武尊】
34.jpg


つまり 彼らのやり方の典型的なパターンは、
自分達の闇を 暴かれないように 秘密裏に
立ち回るのです。

表面は、善人面をしながら・・・。
それに 乗って 逆らおうものなら 相手の思うつぼ。

先の大戦の時のように 
日本攻撃の格好の口実を与えてしまいます。

いずれも 闇の一派が 内通者に 
どのような餌を与えるのかと言えば
そのモノの内部に潜む<欲>を巧みにちらつかせながら
自分達の傀儡にして行くのです・

金を欲しがるモノには、金を・・・。
名誉を欲するモノには、名誉を・・・。
ありとあらゆる人の欲望を 巧みに操りながら
自分達の傀儡として 取り込んで行くのです。

いずれにしても その様な <餌>に釣られる様なモノは、
所詮 その程度のモノでしかありません。

彼(内通者)は、<軍部を一手に掌握する>と言う
野望<欲>を餌に 闇の誘惑に飛び付いたのです。
(結局 思い果たせず、戦死した、と言う事にして
 実際は生き延びたようですが・・・)

軍は、戦後 解体されましたから
軍部の掌握も何も無かった訳です。
結局 欲に目が眩んで 自国を裏切った挙句
何の成果も得られず、戦死と言う形で
何とか生き延びた・・・と言うのが
闇に内通していたモノの末路でした。

そんなモノです。
<欲>に目が眩んだモノの末路など・・・。


【建御雷神】
35.jpg


さて、少し前に 原発事故賠償請求 数千兆円と言う記事が
ネット上で何件か 公表されておりました。

(あぁ・・また やってるなぁ・・・)と思いながら
横目で見ておりましたが、

わたくしは 神絵画家ですから
神々の視点から 世を語らせて頂きます。

ですので、中には そんな論調を
少し 斜めに評価されてしまうかも知れませんが
理解して下さる方々のみに 受け取って頂ければ
十分かと思っております。




【覚醒の女神Ⅰ】
37.jpg



<闇>が一番 恐れるのは、
自分達の<悪事>を 公にされる事です。

自分達の<闇>を暴かれるのを
何よりも恐れているのが <闇>の一派なのです。

ですから、わたくし達の在り方は、
闇の思惑を暴き 白日の下に晒して行く事なのです。

どうぞ 公明正大に 世界へ向けて
日本が どのような理不尽な要求を
突き付けられ続けているか
どんどんと 世界中に ばらして行って下さい。


それは、冷静に、文章で、ね。

『今、日本は こんな要求を突き付けられている!』
『彼らは、今度は こんな 要求を突き付けて来た!』


・・・と言う様に 順次 バラして行くのです。
世界中にね。


【覚醒の女神Ⅱ】
38.jpg



日本を手中に収めたもの
世界の王となる

その事を <闇>の一派も知っています。
ですから 彼らは、最後の追い込みを 
この国に掛けているのです。

光が輝きを増せば 闇は自ずと その陰りを増すモノです。
ありとあらゆる恫喝と挑発が 激化する事が予想されます。
どうぞ その挑発行為に 今度こそ 
乗せられませんように。

すでに 国内には 獅子身中の虫も 多く存在しております。

この状況下では 世論が 真っ二つに割れるかも知れません。
いえ、その様な操作が入る事が
十分に予想されるからです。

けれど その様な状況下であっても
どうぞ 戦争には 加担されませんように。

今の国の政権、政治家全般 すでに 傀儡です。
真に国の為、民の為を思って活動してはおりません。
いえ、活動出来ない状況に 手枷足枷を嵌められております。

その活動にも 自ずと限界が御座いましょう。

厳しい様ですが、彼らの判断に
私たち 人民の生命を委ねる事は 
あまりにもリスクが 大きすぎます。

それ故に 自らの生命は、自らで守り抜く
・・と言う氣慨が求められるのです。

この状況下にあっても 尚且つ しっかりと
世の本質を見極める【心眼】を培う事です。


☆感謝☆



【宇宙根元神Ⅰ】
39.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/15 Fri. 12:23 [edit]

category: 二極化して行く世界

TB: --    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form