08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

【物質世界の終焉②】 

【物質世界の終焉②】




【大宜都比売】
29_201601160922040fd.jpg



さて、先日 物質世界の本格的な終焉が
始まっている事を お知らせ致しました。

今を生きる皆さんは 皆、その時代の変遷の
目撃者になる、と言う事も すでにお話しした通りです。

光が強さを増し、それによって 闇も陰影を増しています。

心に、闇の種を抱えているモノは、より黒く・・・
光を纏う者は、より輝きを増して参ります。

強烈な光に照らし出されて
様々な膿が 一氣に噴出致します。

闇が暴れますから どうぞ 巻き込まれない様に
お氣を付け下さい。


(四国の空)
2015_0629_121027-IMG_1423@



さて 先日来 何度も 【自給自足】の大切さを
お話しさせて頂いております。

自ら 食を生産する道筋を作っておく事は、
この激変期を 出来得る限り 
大難を小難へ 小難を無難へ転換させる為の
大きなカギとなって参ります。

物質世界が終焉するのです。

金、万能の時代が終わります。
お金さえあれば 何でも手に入る。
何でも 叶えられる、と思い込んでいた世界が
音を立てて崩壊します。

価値観の大転換が起こります。

順応出来ぬモノは、淘汰されるしかありません。
厳しい様ですが、それが 現実です。


【国常立尊】
45.jpg


さて、以前 すでに
経済モンスター達の生命線は、<金融=お金>である、と
お伝えしてあります。

ごく一部の人間が<金融>と言う幻想で 
人民を洗脳し、縛り続けて来たのです。

だからこそ 彼らは、この世が 金銭無くしては
生活すら満足に出来ないような世界を意図的に造ったのです。


【女王・日巫女】
18_2016011408385095e.jpg


一方、自給自足生活とは、何事も自ら生産する為
そこに 金銭を必要としません。

それでは 都合が悪いから 
経済モンスター達は、人々から 
自給自足と言う 自立した生活の術を奪い
会社と言う組織に所属させ 生活の為の金銭を得る、

・・・と言う方法でしか 生きられないように 
人々を 金融で 縛り付けたのです。

だからこそ お金が発生しない活動に対しては
冨や豊さの基準から 排除したのです。

ボランティア活動や主婦の家庭内労働に関しても
豊かさの基準から除外されている、
と すでに話して御座います。

(これらの活動に 金銭が生じないからです。)

皆、一部の強欲なモノのたくらみなのです。 
人から 心の豊かさを排除してしまったのです。

心の豊さなんて、金銭などでは 
決して計れないものなのに
それを 無理に金銭と言う尺度の中に
組みこまれてしまったが為に
人々の苦悩が増して行ったのです。



2015_0629_121039-IMG_1425@



けれど 氣付いて下さい。

強欲な<顔無し>達は、ほんの一握りの
極小勢力でしかありません。

そんなちっぽけな 一握りの<顔無し>達が
金融と言う幻で 力を持っているかのように
洗脳させられていただけだったのです。



【建御雷神】
35.jpg



自給自足生活とは、そう言った 
一部の強欲な<顔無し>達から
解放される自由な生き方でもあるのです。

そして、その様な<顔無し>達の手下と成り下がっている
世界各国の政治屋たちの支配下からも 
解放される生き方でもあるのです。


わたくし達は 意図的に 自給自足生活が出来ないように
仕向けられて参りました。
そう言った生活は、貧乏な生き方だと 
歪んだ洗脳を受け続けて来たのです。


人々が 金銭を必要としない生活(自給自足生活)を始めた時、
この世に、金融と言うシステムが要らなくなります。



2015_0629_121044-IMG_1426@


さて、お住まいの近くに すぐに耕作出来る土地を
お持ちの方々は ともかくとして・・・

都市部にお住まいの方々は、第二の生活の拠点を
水のある山間部、または 過疎の村、
耕作放棄地、遊休地などへ
お持ちになっておくとよろしいでしょう。

そこで 最初は、休日農民から始めるのです。
そうして 少しづつ 自給自足を学んで行くのです。

素人が まったく 一人で始めるのは、
なかなか難しいでしょうから
出来れば お友だちと一緒に 
仲間で耕作を始めるのもいいでしょう。

共同所有するなり 方法は 考えれば 幾通りも
あるのではないでしょうか?


そして、いざと言う時には、そこが 
あなたや あなたの大切な方々の生命を繋ぐ
生活の拠点になるのです。


【覚醒の女神Ⅱ】
38.jpg


休日農業に慣れてきたら 少しづつ 
生活の拠点を そこへ 移して行くのです。
そうすれば 次第に 国や政府を必要としない
独自の生活が確立して参ります。

電気も 水力発電や鍋で起こす火力発電の技術も
すでに確立されております。
(ネットをググってみて下さい。出て参りますよ。)

【発電鍋】
http://seiei-ol.com/blog/2014/12/11/%E7%99%BA%E9%9B%BB%E9%8D%8B/

【小さい落差と少ない水量でも発電できる】

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1601/14/news031.html

などなど、山奥で電気が無くても 自家発電すればいいのですから
ご心配いらないんじゃありませんか? (^v-)☆
工夫する事も 皆、御霊の学びなのですから。



2015_0629_122559-IMG_1436@



そうしながら 生活共同体の規模を
次第に広げて行くのです。

その共同体の運営方法は、皆 仲間で
話し合って決めて行くのです。


自ら立ち上がり 新天地を開拓し始めた人民は
次第に 市街地からは 遠ざかり
かつて 過疎地だの 限界集落だのと揶揄されていた
実は、精神世界の新天地へと 神の手綱によって
導かれて行くのです。

そうして 残すべき人民
大いなる精査に掛けられる人民

世は また 大きな二極化の波に洗われます。



【弁財天】(八臂弁財天)
21_20160114083900fdf.jpg


いずれにしても 自ら行動を起こせぬモノ、
自ら立ち上がろうとせぬモノ、
依存心を捨て去れぬモノ、
物欲を手放す事の出来ぬモノ達と、

いち早く 自ら立ち上がり
世の変動をそのまま ありのままに受け入れ
自らを 世の移り変わりに 順応させる事の出来た者

・・・とに はっきりと 分かれて参ります。


どちらに所属するかは
各々の御霊の輝き次第です。






☆感謝☆



2015_1229_123217-IMG_7201のコピー


2015_1222_151923-IMG_7084@


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/01/24 Sun. 22:54 [edit]

category: 物質世界終焉

TB: --    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form