01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

天上の美 神絵画家・崇尾青見の光の世界

夢やイメージの中に降りて来た光輝く世界を描いています。創作活動と展示会活動、また 創作に向き合う日常などをご紹介しています。

☆これからの世を生き抜く為に☆ 


☆これからの世を生き抜く為に☆




【瑞穂の国】
28_20160517094936c36.jpg




さて、先日の事です。
御神縁の方から この様なメッセージを
頂戴致しました。



*************************


今日、会社にて、仕出し弁当を開けたら、
また「これは○○である」と教えていただきましたよ、どなたかに。
中に沢庵が入っていたんですよ。
それ自体は珍しくもないのですが、なぜか今日は、
この色はウコン?なんだろう?とふっと思ったんですね。
そしたら、脳内にテロップよろしく流れてきました。
「黄色202号」 と…。

もとより「○色○号」って大概よくないでしょう?
この黄色202号は毒性が強いのだろうか?
と思いつつ、先程ググってみたら…。
入浴剤にいれる色素だそうです。
まさかね~。まさかね~。
((((;゜Д゜)))

これ、ある意味ホラーですよね、本当ならば。
「高濃度に汚染されている」
「遺伝子組み換えである」
など、今までにも響いてきた言葉はありましたが、
すべて、一口食べた瞬間に入ってきたのです。
今回は、口にいれる前に入ってきました。初めて。
かなり危険だったのでしょうか。

それと、です。
しばらく前から、
「人工内耳は危険である」
と響くのです。
耳が聞こえないかたに、音を届ける手段として、
人工内耳の手術というのがあるのです。
頭蓋骨に穴を開けて、金属?を埋めて、聴神経かな、
に直接音を届けるというもののようです。
わたしは関心もないし、
人工内耳という言葉を知っている程度なのですが、
どうやらこれも、闇に利用されるひとつの手段となるみたいですね。

今さら驚きもしませんし
(補聴器のときは少しビックリでしたが)、
ああやはり?と思えますが…。
聴覚障害で、これです。
他にも色々あることでしょうね。

***********************



【大国主命】
3_201607091751385a8.jpg




そういえば・・・です。
先日 どこぞの動画サイトで
秘密裏に すでに50万人の人に
マイクロチップが埋め込まれている、と
公表されていました。

秘密裏に・・・ですから
手術やら 何やらと言う口実で
内緒で 密かに マイクロチップを
埋め込む・・・なんて 事が
すでに 行われているんじゃないでしょうか?


***************************



人工内耳のこと。
わたしは、例えば骨折して、手術で金属などを埋めるのと、
人工内耳を同列に見ることはできなくて。
脳(聴神経)をいじるのって、
「やっちゃいけないこと」の範疇のような…。
音(聞こえること)への執着?を、
闇に利用されているということになるのだろうか
…と思うと、複雑になります。



************************



そうですね・・・。
こういう事、最近では 確かに増えてきました。

神様が 波動で 直接 警告を降ろして来られる事ですね。


実は つい先日 わたくしが と或る外国産の麦の種を
ネット経由で購入しようとした時の事です。


・・・と言いますのも そのサイトでは
安全な種を扱う専門の種屋さんだったので
外国産でも 大丈夫な種を置いているのだろう、と
そう思って購入しようとした時の事だったのです。


それは ア○リカ産のライ麦の種子でした。

なにげにネット注文しようとすると
どうした訳か 注文出来ません。

(おや???)


その他の種子は 注文出来るのに
なぜか その種子だけは 購入する事が出来ません。

しばらく 考え込んで やっと納得出来ました。

(あぁ、これは ダメだ!・・・って 事ね。)


なるほど~
いくら 安心・安全な種子販売を歌っている種屋でも
中には そうでない種子も混ざり込んでいる事もあるのだな・・・と
つくづく考えさせられた出来事だったのです。


結局 国産の六条麦を購入して 事なきを得ましたが・・・

でも そういうことを 何も知らずに
信じ切って 購入する方も
いらっしゃるのだな・・・と思うと
つくづく 複雑な氣持ちでした。



今の世には、
安心・安全を謳いながらも
そうではない商品も 混ざり込んでいるのが実態なのです。


そこを どう見抜いて行くかは
自らの御霊の精錬如何になるのかも知れません。


難しい事を言う、と思われるかも知れませんが、
これが 精神世界に移行して行く
世の変遷の姿なのです。


いつまでも 肉眼で見えているものだけにすがりついていても
らちがあきません。


見てくれではなく
心を、内面を磨く事こそが
この大峠を乗り越える為の鍵となるのです。


一部のものたちが
年齢を重ねた芸能人などを

やれ、「劣化した」だの なんだのと
人の外見だけを見て とやかく騒ぎ立てる風潮がありますが、

人が年齢を重ねれば
しわの数が増えたり
髪に白いものが混ざるのは 当たり前の事です。


それを さも 不自然であるかのように騒ぎ立てるのは
明らかに感覚がおかしいとしか言いようがありません。


大切な事は 外見ではなく 内面なのです。

人の心の在り方こそが 
人生を大きく左右するのです。


つまらない外野に 心、揺らされる事 無きよう
しっかりと 両の足を 大地に踏みしめて
今を精一杯生き抜いてほしいと願っています。



今日も善き日を



☆感謝を込めて☆



【宇宙根元神Ⅰ】(大神様)
根元神・陽1のコピー

Posted on 2017/02/07 Tue. 22:02 [edit]

category: これからの為に

TB: --    CM: 0

07

☆火鉢と豆炭あんか☆ 

☆火鉢と豆炭あんか☆





*********************
◎神絵ハガキの通販は、こちらから
*********************






火鉢には もう ずいぶん前から興味がありました(*^v^*)

ネットで探したり 出かけた時には、
様々なお店で物色したり・・・

でも、今日日 火鉢って なかなかお店では扱っていないのですね・・・。
(あったとしても メチャ高い!)


・・・・・(^人^;


そんな矢先、娘がネットで 火鉢をゲット出来る方法を
見つけて来てくれました♪

(ありがたいや♡)


IMG_0689.jpg


大きさは、30センチちょっと御座います。
わたくしが居間で使用するには ちょうどよいサイズです♪

そして、何よりも感動したのが この絵柄♡

一対の鶴の夫婦が 仲良く戯れている構図です♡

ちょっと見えにくいでしょうが、色といい、構図といい、
何もかもが わたくし好みです♡


背後の赤い漆塗りの火鉢は、
ほぼ同時に購入しましたが、
今は、炭入れとして愛用しています(@^人^@)


品物との出会いも 皆 ご縁だと思います。



こちらの品が オークションに出品されてから
3日ほど経って、この商品に氣付きました。

それから 何日も わたくし以外
名乗りを上げる者が居なかったのです。

そうして 落札当日  オークション終了間際の数時間前になりました。

突然 複数の方から 入札が入りました。

あれよ あれよ、と言う間の出来事です。


(なるほど・・・狙っていたのか・・・)


そんな事を考えながら 指はマウスを握りしめています。


こんな時には 覚悟を決める事にしています。

(縁のある品物なら 手元にやって来るし・・・
 そうでなければ やって来ないし・・・)

すべての縁は、天命のままに・・・
(もう なるようにしか ならないっしょっ・・・)
みたいな氣分ですね~(^-^;





何回かの競り合いのうち

終了間際 秒針がカウントダウンを始め・・
10・9・8・7・・・・・・・・

その終了直前で 落札をかける猛者が居るので御座います。

一度 その方法で ほしかった品を
横から かっさらわれた経緯が御座います。


おそらく 苦情が出たのでしょうね・・・。

つい 数日前までは そんな姑息(?)なやり方が
通用した時もあったのです。

ですが、この時には、もう それが 通用しませんでした。


終了間際のカウントダウンを狙っても
落札出来ない事がわかった某氏は、
それきり 居なくなりました。



こうして
一対の鶴が 楽園で戯れる様を
艶やかに描いた火鉢は
無事 わたくしの手元にやってきたので御座います♡





この火鉢を見た瞬間
なんとも言えぬ<運命>(大げさ・笑)・・・を感じました。


ずっと前に 猿田さまから 告げられた 或るお言葉が
脳裏をよぎったのです。


<鶴の里を知って居るか
  大地 洗礼 見事なり・・・>



この火鉢に描かれた様は、
まさに 鶴の里 そのもの・・・




品物との出会いも すべては ご縁だと思います。




今、我が家では、家の暖房を 
≪火鉢≫≪豆炭あんか≫で賄っています。


ことに 火鉢は、暖房だけでは無く
ちょっとした 煮炊き 焼き物、湯沸かしなどに
重宝するのです。


穏やかな炭火の暖に癒やされながら
今日のお総菜を暖めて 頂きます。

なんとも言えぬ 至福のひとときです♡


IMG_0692.jpg



さて、お次は 豆炭のお話です。


豆炭が非常に経済的だと どなたかの書籍で目に致しました。

それ以来 豆炭は ずっと わたくしの心の片隅に居座り続けておりました。


(そういえば、昔 むか~~~~し、
 亡くなった お爺ちゃんが使っていたわね~ 豆炭・・・)(遠い目・・・)


なるほど 実際 地元のDIYで一袋購入して
原価を計算してみたら 


なんと! 1個あたり6円ほどです。


安っ・・・!!!(感動♡)


IMG_0680.jpg



これが 一度点火させれば 24時間保温が持続する、
のですから 驚きです。


何という 優れた≪コストパフォーマンス≫でしょう♪



しかも 小さいので 炭に火を点ける時に
一緒に着火させる事が出来るのです♪


IMG_0687.jpg



つまり 暖房の為に ガスを使用するのは
わたくしの場合は、夕方1度だけ、

・・・と言う事になります。


朝は、起きて すぐに 様々な雑用やら 
仕事をこなさねばならないので
火鉢は使いません。(^-^)



さてさて、今月のガス代が どれくらいまで下がるのか
今は それを楽しみに 炭や豆炭に
火を灯している毎日です♡




♡今日も善き日を♡





☆感謝を込めて☆

Posted on 2017/02/07 Tue. 19:52 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 0

07

☆夢のお話し☆ 

☆夢のお話し☆





娘が時々
夢で観たと言う神様方のお話をしてくれます(*^人^*)

(わたくしは 結構 それを聞くのが楽しみだったり致します。)



つい 先日の事です。

娘から電話がかかってきて・・・

(=゚ω゚)ノ:「あのね、この前 木花咲耶姫さまの夢をみたんだよ♪」


(・∀・)ノ:「へエ~ すごいね♪ どんな夢だったの?」

(=゚ω゚)ノ:「うん♪ あのね 木花咲耶姫さまの御殿はね
     
      ものすご~~~~~~~~っく大っきくて 広~~~っくて・・・

      東京都全域くらいの広さがあってね~



        (訂正です。
      ~木花咲耶姫さまより~

      咲耶さまの神殿は、
      <富士山くらいの大きさ>と言う例えが適切なのだそうです。
      東京都全域、と言う例えは、どうしても お嫌との事でした(^-^;)


     


      その広大な御殿のずっと ずっと向こうに 小さく 米粒くらい小さく

      木花咲耶姫さまが お立ちになっている姿が見えたの~

      御殿の色は 朱色だったよ~

      髪は ママが描く木花咲耶姫さまのように ふわり、とした髪型をしていてね、

      それが 遠くからでも 木花咲耶姫さまだって 分かったの♪」

      



【咲耶】(木花咲耶姫)




(・∀・)ノ:「へえ~ そうなんだぁ~ 素敵な夢だったね~♡」


(=^ω^)ノ:「うん♪

       それから つい最近 竜宮城へも 行って来たんだよ~♪
       (もちろん 夢の中で、ですが・・・^^)

       竜宮城へは、細長いU字型のボートのようなものに乗って行って来たの♪

       それが 地上より 少しだけ 浮かび上がっていてね~

      
       でも 竜宮城って 言っても 海水で溢れている訳じゃなくって
 
       普通の空間だったんだよ~♪」




【豊玉姫命】(竜宮城の乙姫さまです)
2_20150721132608ee3.jpg




変態の娘は やはり 変態で御座います(笑♪)
でも お互い 変態同士なので たいそう 氣が合います♡

そうですね・・・なんとなく 同志?・・・のような間柄です♡  





また この様な事もありました。

それは ずいぶん 昔に 娘から聞いた夢のお話です。

(詳細は省きます。)



(=゚ω゚)ノ:「ママは、濃い紫の袴をはいて 上は、白い着物を着ていたの。
      ママの袴には、六角形の御紋が入った織りが施してあってね・・。
      そして、とっても上手に その袴を折りたたんで
      す・・っと 御前に座ったんだよ。

      わたしは、朱色の袴をはいていたんだけど
      ママみたいに 上手に袴を折りたたんで座ることが出来なくて・・・」




    

などと とつとつと 夢の話を聞かせてくれます。

でも、この夢の話以来、わたくしは 娘の事を時々
≪朱袴(あかばかま)≫と言って 
冷やかしています(冗談交じりでね♪)  




さて、夢のお話ついでに 一つ 



動画サイトで 偶然 見つけたお話です。

夢見も100発100中だと かえって危険である、と。
悪者たちに 目を付けられるのだそうです。

それも 秘密裏に拉致されて 悪者達の手先として
使役されるのでしょうね・・・。

そういえば、以前 ある方から この様な話を聞いた事が御座います。


「黒服の男達に連れて行かれそうになったんです。
 まわりに 人が居るのに、誰も氣付いていないようで、
 必死で逃げました。なんとか助かったけど・・・。」


そうね・・・。そんな彼女も 相当な能力者でした。

きっと そんな能力に 目を付けられたのでしょう。


一般の人に見えないような 何らかの法力が施されている拉致
・・・と言えば、相当な権力を持つ組織の犯罪でしょうね。

だいたい 想像がつくだろうとは思いますが、

そういった術者集団を秘密裏に囲っているモノ達の仕業でしょう。

権力や財力を思いのままに使役する事の出来る立場に居るモノ達

そうですね。だいたい おわかりでしょう。

国家権力を私物化している盗人達ですよ。






さてさて 今日は、ほんの少しだけ 
コーヒーブレイクな お話で終始しようと思ってたのですが、
最後に ちょっと 意味深な題材も混ぜ込んでしまいました。

(*^-^*)


何は ともあれ 今日も善き日を♪



☆感謝☆





Posted on 2017/02/03 Fri. 19:56 [edit]

category: 閑話休題

TB: --    CM: 0

03

☆PTAと言う縛り☆ 

☆PTAと言う縛り☆




【国常立尊】
45.jpg




先日、PTAから脱会した、と言う方の記事が
ネット上で紹介されておりました。


そうですね。

およそ<会>と呼ばれるものには
何らかの縛りが御座います。


そして、そこには 必ずと言っていいほど
<会費>と言う金銭が発生致します。


つまり 裏返せば、<会>と言う組織が
お金集めの口実になっている、とも言えるのです。




猿田彦神
16_201601130927107fd.jpg



ところで、少しお話が脱線致しますが、
先日 ご紹介した隣組に関してですが、

実は わたくしが つい先日まで加入していた
自治会では なんと!
800万円もの貯蓄があるのだそうです。

これほどの蓄財があるのにも関わらず
なぜ 次から 次へと 寄付だの 何だのと
金銭を徴収する必要があるのか?!!!

 誠に不思議な限りですが、

金銭が集まる所、
必ず 物質に黒いものが 集まって参ります。


こういった自治会は、この日本全国にも
結構あるのではないでしょうか?


これからは それらにも 焦点を当てて行かねばならないでしょう。
そして、様々な負の連鎖を断ち切って行く作業

これも 弥勒世へ 連なる為の
大切な仕事の一つとなって行くのです。


日本全国の要所には、必ず
それを行うだけの資質を持った人材が
配置されているはずです。



39_20161016162150f76.jpg



さて、お話を 先のPTAに戻させて下さい。

PTAが抱える問題について
耳にする機会が 結構 多く御座います。


皆、これらの役員を引き受けるのがいやで
どうやって これから逃れるか
それこそ 必死なのだそうです。


多くの父兄が いやがるものを
なぜ 無理矢理 行うのでしょう?


なぜ 無理強いするのでしょう?


そもそも そこが 不思議だとは思いませんか?



たとえば、学年が上がって行くと
役員の仕事もきつくなって行くから
低学年のうちに引き受けておいて
仕事量の削減を図る・・・とか、

様々な事を 父兄の方は
考えておられるのだそうです。


とは言っても お子さんが 4人とかいらっしゃるご父兄ですと
ほぼ 毎年のように 何らかの役員を
引き受けねばならないのだとか・・・。


そして、やれ 会合だ なんだのと
夜遅くまで 参加せねばならず・・・

多くのお子さんを抱えたお母さんなら
夜など それこそ 家に居たいだろうのに
そんな時間を 会合だのと言ったものに
費やされなければならないのだそうです。


これらも 皆、人を縛る<くさび>なのだと思いますよ。


そもそも PTAとは、隣組と同様、
任意加入です。

任意加入とは、加入する、しないは
100パーセント 本人の自由意志、と言う意味です。


従って 子供が 学校に上がったからと言って
PTAに加入せねばならない、と言う義務はありません。


ここ、大切な所ですから
しっかりと 多くの方々が認識して頂きたいのです。



それに そもそも、です。
PTA会費って いったい 何に使われているんですか?


先に調べたネットニュースでは、
本来なら 行政が支払うべき支出を
PTA会費から捻出させられていた、と言う事が公開されています。


そんなものなんですよ。


【天宇受売命】
@1_20150925182308e0b.jpg




この国のトップに居る人間が
そもそも売国奴、烏合の衆の寄せ集めなのです。


国民の利益や国益の為になど
活動していません。


国益を念頭にした政治を行えるような
優れた資質を持った人物が
国のトップに就いていたなら

もう とっくに 原発など 無くす事が出来ていたでしょう。


【経津主神】
1_201509251823139cd.jpg




力を持たない ちっぽけな私利私欲でしか
動けないような小物が
国の中枢に立っているのです。


結局はこの国が 疲弊するように
この国の民から いかに多くの税金を
搾り取るか

日々 なんやかんやと理屈をこねては
いかに 国民に氣付かれないように
様々な口実を作って 人民から搾取するか

そればかりを念頭に置きながら
活動をしているようなモノ達が
この国の実権を握っているのだ、と

しっかりと認識しながら
今を生きねばなりません。


で、あるからこそ、
いいなりになって ただ 黙って金銭を差し出したり
言われるがまま 徴兵制を受け入れたり
圧力に屈っするような事は
決して してはならないのです。


まっとうな事を言えば
狂人扱いをされるような世の中です(笑)




この闇夜を乗り越えて
真の光を掴まねばなりません。


さsて、今までに 何度も
「覚悟はよろしいでしょうか?」・・・と お伝えし続けてきた意味が

だんだんと 多くの方々の魂に
響き渡り始めて来ているのではないでしょうか?



<そなたの背に とうと寄り添い
  世を変え 世を動かすであろう・・・>





闇夜を乗り越える為には
時に 腹をくくらねばならない事も
出てくる事でしょう。




それら 一つ 一つが皆
あなたを磨く為のお試しなのです。




☆感謝☆



1_20160103220806f2b.jpg

Posted on 2017/01/30 Mon. 22:23 [edit]

category: 新たな価値観の世界へ

TB: --    CM: 0

30

☆柿酢☆ 

☆柿酢☆





こんばんは(^-^)
いつも誠にありがとう御座います。


なかなか ブログ更新が出来ずにおりますが、
おかげさまで 毎日を元氣に過ごさせて頂いております。


さて、昨年の秋に収穫した渋柿で
年末から新年にかけて
<柿酢>作りに初挑戦してみました♪


IMG_0677.jpg



自然に根ざした生活を始めてから
今まで 視野の片隅にすら入ってこなかったようなモノ達に
限りない天恵が込められていた事、

今更ながらに 感動と共に
再認識させられる日々を送っております♡



kakisu1.jpg



作り方は、<柿酢作り>で検索して頂くと
たいへん多くの方々のサイトにヒット致します。

皆さん、これを 楽しみながら
毎年 精を出して作っておられる様子が伺えます(^v^)/



そして、

「美味しいし、何よりも 自宅の庭先で採れた果物で
 毎日の食卓に 美味しさをもたらしてくれる」


そのように紹介してあります。


ええ、本当に 驚くほど 美味でした♡



原料が 100パーセント 天然の柿(フルーツ)から
作られているので、たいへんフルーティで 
まろやかな自然のお味です♡

(*^▽^*)♡

甘く熟した<渋柿>を 大きめの瓶に詰めて
柿の表面に付いた 自然の柿酵母の力で
発酵させて<酢>に変化させます。


途中、黒カビや ショウジョウバエの発生を注意せねばなりませんが

わたくしは 神々が鎮座する<アトリエ>に
柿酢の樽を置かせて頂いて

大神さまに こっそりと(笑)

(よろしくお願い致します・・・)


・・と 心の中で お願いして 
神様方に管理して頂きました(笑) ← 厚かましいw・・・



大神さまが <うむ・・>
お返事して下さったのか どうか?

・・・は、定かではありませんが、

途中で ショウジョウバエの幼虫が 2匹ほど発生していた時
それとはなく 知らせて下さって

<ほら、そこに 居る
 取り除いておきなさい>


・・・と、仰って下さったような氣がして

おかげさまで 何の失敗も無く
すべてが 完全に<柿酢>となってくれました♪


まことに、誠に、ただ ありがたいばかりなのが
神様方のお働きで御座います♡



+゚。*(*´∀`*)*。゚+




たいへん 美味しく出来ましたので、
何かを頂戴する時の 心ばかりのお礼の品として
お渡ししたり

そんな風にして 活用させて頂いております♡



こんな風にして
身近な品物で 真新しい品物を作った時に
さりげない 物々交換の品としても
活用出来たりしています♡



今年の秋には、どうぞ 皆様も
身近で 甘柿や渋柿が手に入る方は
是非 お試しになってみて下さいませ♡



☆今日も良き日を☆



♡感謝を込めて♡

Posted on 2017/01/30 Mon. 21:19 [edit]

category: 自然と共に生きる

TB: --    CM: 0

30